デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
バラバラにして食べてみた

うまいもんはうまい

「味のついてないごはん」と書いたが、コンビニで売っているおにぎりには薄く塩味が付いている。さらに海苔まで巻いてある。

でもまぁ、これも比較のためだ。バラしてみよう。


脂のせいかスルリと出てきます。
「えっへっへ」と言いながら、海苔もはがしてしまおう。
鮭フレークの入ったタイプも分解。
おにぎり2個が、こういう具合に分けられました。

こうした実験をやると、期待してなかった部分で「あ、そうだったの?」という発見があるものだが、今回もそうだったのでご紹介したい。

【コンビニのおにぎりは、2個でご飯茶碗一杯分】

これが今回の発見です。なるほど、一個じゃ腹が膨れないわけですよね。

話が逸れた。今回はさらに比較のために、普通に炊いたごはんと塩シャケ、海苔も並べてみた。


左が通常のごはん(麦、あわ入り)。右が分解おにぎり2個分。

ごはんやシャケの色ツヤで勝者を決めるなら、完全に「元おにぎり」に軍配が上がるだろう。さすが、コンビニにおける主力商品なだけはある。

一方、自分で作った物はシャケもごはんも色がくすんでいるのはどうしたことだ。どう見ても負けている。


おにぎりの具だったシャケ。すごくいい物を使ってますよ。
ごはんとちょうど合う塩加減。

素晴らしい! と言いたくなるようなバランス加減である。分けて食べることで、シャケの小ささに「ごはんが余るのでは?」という懸念もうっすらあったが、そんな杞憂は吹っ飛んだ。

おいしい物は、どうやって食べてもおいしい。

しかもフレークタイプや海苔まで揃っているのだ。どう頑張ったって、結果はこうなる。


あっという間になくなりました。

 

市販品は、よく考えられてた

主食と副食を同時に食べる利点というのを冒頭でいくつか挙げたが、さらに「具の量が少なくて済む場合もある」というのを加えたいほど、今回食べたものはどれも具が足りなくなるなんてことはなかった。

それぞれ単独で食べてもおいしい物を同時に食べるんだから、そりゃあおいしいに決まっている。味の相乗効果ここに極まれり、だ。

ちなみに、比較のために用意した自作のシャケごはんだが、塩加減が強すぎてシャケが余ってしまった。こういう場合は素直に喜んで「おかわり!」といきたいところだが、炭水化物ばかり摂りすぎたせいでさすがに腹がパンパンだ。残ったシャケは明日の朝にでも食べよう。

こういう予期せぬことが起こるのが、自分で作ることのメリットであると信じたい。

とっても経済的、ということで納得しました。

< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 
関連記事
具なしカレー どのルウがうまいか
おにぎりの“具なし領域”を計測する
カルボナーラめしとちらしスパ

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.