デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
「骨が見えるとおいしそう」を検証

骨のチラ見せはどうか

関係のないところからいきなり骨がヌウッと顔を出していたら、それは果たして歓迎すべき事態なんだろうか。

それを知りたくて試してみた。


ごはんから、こんにちは。
続いて、小さな骨でも。

…なんだろう、このダメさ加減は。「おいしそう」とか「おいしくなさそう」以前に、なぜか「事件性」という言葉が連想される始末である。ダメだダメだ、私が目指したのはこういうことじゃない。

じゃあこれが魚の骨ならどうだろう。少なくとも事件の匂いはしないはずだが…。


一気に残飯へと変貌。

これで喜ぶのは猫くらいだろう。味噌汁でもかけたなら、ひと昔前の「ねこまんま」そのものではないか。

 

内包しよう

やはり使うのは肉の骨がいいようだ。そしてあまりに突飛な使い方は、心臓に悪いことも分かった。となると、ここは穏便に「何かを包む」という方法が最も効果的であろう。

これなら骨が見えてもギャッと驚かなくて済むし、なにより手軽でいい。


包むのに最適なのは、やっぱり挽き肉ですよね。
比較のため、割り箸でも試します。
竹串に挽き肉を巻き付けました。
同じことを、骨でも。
竹串バージョン。こういうのは、よく見ますね。
骨バージョン。こういうのは、よく見ませんね。

「なんだ、つくねかよ」と思った皆さん、がっかりさせて申し訳ない。でも竹の串じゃなく、骨に巻き付けてあるつくねなんて見たことありますか。私は初めて見ましたが、これはなかなかいいですよ。コロンとしてて、なにやら可愛らしいのもいい。

まるで「和風の骨付きソーセージ」といった風情は、アリかナシかで言えば、完全にアリだろう。


頭から微かに見える骨もいい。グッとくる。

これで方向性が見えた。串の代わりに骨を使えば、ギョッとするあまり「警察に電話しなきゃ!」な心境になることもなく、ちょっとした日常からの逸脱だけが味わえるのだ。

さらにここに「食欲の増進」が加わりそうなのだから、やってみない手はない。次は豚のロース肉だ。


まずは竹串から。
これはこれで十分おいしそうですが。
骨に巻くとどうなるんだろう。
ああ、こっちの方がそそられる!

これも焼き鳥屋にありそうな串になってしまったが、骨に巻いた肉のなんとおいしそうなことよ!


意見には個人差があるとはいえ、断然、前の串の方が食べたいと思いませんか!

骨が顔を出すだけで、これほど興奮度の針がグググと動くとは。目論見通りとは言え、さすがに嬉しい。

さらに調子に乗ろう。


串に刺されるのが常態のウインナーでも試そう。
今回は細めの骨を用意。グイッと突き刺します。
ジャストサイズすぎて、か、可愛い…。
焼くと、さらに可愛さアップ。
竹串のウインナーは見慣れてますが、
骨串は見慣れない。でもお似合い!

こんなに「かわいい!」だの「似合う!」だの言われ続けて、骨もさぞかし困惑しているだろう。

「そもそも竹串に刺す方がおかしいんだよ。肉とはもともと仲間だったんだから、似合うのは当たり前だろう」といったところか。

言われてみれば、確かに骨の言い分はもっともだ。単に相手が肉だから「おいしそう」と思ってしまうのかもしれない。ならば、肉以外ではどうだろう。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.