デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


チャレンジの日曜日
 
伝説のウシヤギを求めて


 

今年は
ウシどし!

なわけですが、
なんと
千葉県の
「成田ゆめ牧場」
というところに、

ウシのようなヤギがいるという
なんともショッキングな
千葉都市伝説を耳にしてしまったので、

そんな
ウシヤギの真相を確かめるべく、
実際に行ってしまいたいと思います!

もちろん
犬と一緒に!!

さらには
ウシになって!!

ヨシダプロ



ウシのようなヤギ
つまりはウシヤギ
ということで、
ヤギって本来まっ白な生物であるはずなのに、
ウシっぽいだなんて一体どんな生物だというのかしら!?と
謎は深まるばかりですが、
とりあえず
このウシヤギがいるという
「成田ゆめ牧場」について
インターネットで調べてみたところ(便利!)、
なんだかそこに
たいそう興味深い情報が!!

牧場に入るにはまぁ入場料がかかるわけですが、
ウシ年になったこの時期、

なんと
ウシのコスプレをして行ったら入場料が無料になる!
とのこと!!

さらに、

わんちゃんがウシのコスプレをしていったら、粗品を贈呈!

という
なんともショッキングなキャンペーンが開催中!
とのことだったのでした!
ワァオウ!これはモーレツ!!


…でも入場料無料は確かにとても魅力的ですが、
牧場とはいえそんな公の場に
ウシのコスプレをして行くだなんて
おとそ気分の抜けない世間体無視の無頼漢がやるもんだよなぁ
とクールに思ったわけですが、

だが僕も
おとそ気分の抜けない世間体無視の無頼漢ですので
今回は、

ウシのコスプレをして
この牧場に行ってしまいたいと思います!!

マジかよ!

 

  「…ん、もしやまた私も?」


ということでさっそく
ウシのコスプレをしたいと思うわけですが
いわゆるウシの気ぐるみコスチュームなどあるわけもないので、
また今回も
手作りでなんとか
ウシコスプレ衣装を
作ってしまいたいと思います!!

ってことで

とりあえず今回は

この白いポロシャツを台無しにして
ウシ衣装をつくっていきたいと思います。

つまりは
この白いポロシャツに
黒のアクリル絵の具で
ウシっぽく黒いぶちを
塗りたぐっていって
完成させたいと思います。

とはいえ
僕もポロシャツ激萌え男ゆえに
ポロシャツをこんな目にあわせるのは
たいそう胸が引き裂かれる思いですが、

ウシになるためには心を鬼にして
ウシ化を敢行していきたいと思います。

ってことで
この白いキャンパスに

 

どんどんウシっぽく

黒ぶちを
塗たぐっていきましたら、

できました。

わりとあっさり。

おぉ
なかなかに
ウシっぽいですね。

で、さらには
これを裏返して、
背中部分にもちゃんと
黒ぶちを
モウレツに
ぬりたぐっていきましたら

できました
またしても
わりとあっさりと。

じゃあこれにて、
とりあえず
体部分のウシ化は
可能になったと言えるでしょう!


…で、まぁこれだけでもいいんですが、
続いてふと
体のみならず顔もウシにしたい!
と思ってしまった
わけですが、

よくあるチャラい感じで
顔に白と黒で直接ペインティングしたりする
というのは
さすがにそこまでおとそ気分でもないので、

今回はとりあえず
パンデミックに備えて購入していた

このマスクをつかってしまいたいと思います!

つまりは
ウシになるために
このまっ白なマスクに黒ぶちを
塗たぐっていきたいと思います。

パンデミックに身をさらす危険をかえりみず
躊躇なくマスクを犠牲にするこの僕の覚悟に
あなたもさぞ漢を感じたことでしょう。


で、こちらの白いキャンパスに
さっそく

 

黒ぶちを
塗りたぐったら
またあっさり完成してしまったわけですが 、

試しに
ちょっと自分で
付けてみたのですが、



これはまずいですね

だいぶ
変質者です。

でもくじけずに
なおも
突き進んでいきたいと思います。


ってことで、
僕のウシへの思いはなおも衰えることを知らず、
さらにウシになるべく
いっそのこと
頭までもウシになりたい!
という思いから

いわゆる
こちらの紅白帽子の白い帽子の方に


黒ぶちを塗りたぐり、

 

こうして
みごとなまでの

ウシヘッドを
実現してみせたのでした。

ありがとう
紅白帽。

では僕のウシコスプレ衣装が無事完成したところで、
つづいては
愛犬モモも
ウシにすべく
イヌ用のウシ衣装も作り出したいと思います。

じゃあとりあえず
地となる白い服ということで

実家って変な服がたくさんあるものですが、
モモの体長的に
こちらの変な白い服で
イヌ用ウシ衣装を
つくりあげたいと思います。

           「…え、それ?」

 

ではまた先ほどと同様に、
黒ぶちを
塗りたぐっていきましょう!


うぉ〜〜〜ってことで
塗りたぐっていきましたら

でまた
表も
裏も
完成したのでした!
またしてもあっさり!!


これを着せれば
さぞモモも
ウシになってしまうことでしょう!!

         「やだそれ。恥ずかしい」 

 

モモ的には不本意なようですが
それは気にせず

こうして
無事つくりあげたウシ衣装を
おたがい着用し、

車に乗り込み、

モモの運転のもと
千葉の片田舎を
小一時間ほど車を走らせ、

夢の牧場目指して
モウレツに突き進んでいきましたところ、

あ、
あれは!
「成田ゆめ牧場」の看板を発見!


ってことで
無事
成田ゆめ牧場の
駐車場に着きまして、

今まさに
車から牧場に
降り立とうとするわけですが、

そういえば
つまりは今はじめて
ウシになった我々のその全身が
明らかになるというわけでございます!!

 

では
いったいどれだけ
我々はウシになったというのか、

その衝撃の全貌は
次のページで明らかにっ!!!

 

 

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.