デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
高級珍味、からすみを作りたい

お酒に漬ける

からすみの作り方を調べていたら、塩抜きしてからすぐ干すやり方と、日本酒に漬け込んでから干すやり方があったのだが、せっかくなのでより面倒くさい後者にすることにした。

ジップロック(っぽい袋)に塩抜きした卵を入れて、そこにドボドボと日本酒を注いで密封。


酒が白くなった。

この状態で冷蔵庫に一週間入れておく。この漬けておいた酒を捨てるのももったいないので、この酒でカマスの酒干しを作ったら、遠くの方で珍味の味がしてうまかった。


酒干しってうまいよね。

からすみ作りは途中でうまい干物ができてお得だ。

 

干す

酒漬けにした魚卵をよくキッチンペーパーで水気を切って、さあ外で干そうと思ったら、雨がザーザーと降っていた。仕方がないので冷蔵庫で干す。狭い冷蔵庫の中でとても邪魔。

うーん、冷蔵庫だとなんとなく雰囲気がでない。やっぱりからすみは梅雨時に作るもんじゃないね。


お皿は生ホタルイカを買ったときの容器です。

二日後にようやく雨がやんだので、待ってましたとベランダで干す。カラスや猫に襲われると困るので、魚干しネットに入れてみた。


腐りませんように。

 

手作りからすみ、完成!

天気予報とニラメッコしつつ(オールドスタイルな表現)、外に干したり冷蔵庫に干したりして一週間。どうやら途中で腐ることもな、く無事干し上がったようだ。


ふぞろいの魚卵たち。

形はてんでバラバラだけれど、色つやや香りはとてもいい。からすみと言い張っておきながら、ぜんぜん墨の形をしていないのはご愛敬。

このままスニッカーズのようにかぶりつきたい衝動に駆られる。


なかなかうまそうにできました。

うまそうなのだが、いかんせんサイズが小さいので、からすみというよりは干し柿とかグミキャンディーとかアンズの砂糖漬けっぽいのが残念ではある。

 
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.