デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
成田空港に徒歩で行く、再び

出口Aを選んだ人はコチラ

出口A


実はこんな看板があったのだ。

先ほどのページではだまっていたけど、この地下道には『空港第2ビル駅への連絡口』という看板がかけてあった。つまり、この場所こそ、正真正銘、徒歩で成田空港に行ける場所で良いのではないでしょうか。これを選んだあなた、カンが冴えてますねー。


丁寧にもメートル表示が。にしても遠いな。

本当に誰もいない地下道。

地下道は写真の印象どおり、極めてきれいに整備されていて、チリひとつ落ちていなかった。それはとても素晴らしいことなのだが、何か違和感がある。それはこの写真に誰もいないことだ。これだけ長い地下道ならだれか歩いていてもおかしくない。逆に誰も歩いていない地下道は寂れているはずだ。寂れることも、にぎわうこともなく、ただ整備された地下道があることに違和感を感じてしまうのだ。

今、この空間に異物はただひとつ。そう、歩いているこの僕だ。僕の足取りだけが、コツコツと明るすぎる地下道に響く。


唯一のカーブ。

そうこうしているうちに唯一のカーブにたどり着いた。曲がる、曲がると風景が変わることを期待して。


カーブを曲がれば、また永遠に続きそうな地下道。

しかし、あるのは同じ色の地下道だった。遠近感を無視するような地下道だ。


地下道内にあった唯一の“情報”成田の宣伝。しかし軽く見積もっても20年はそのままのような気がする。
おぉ、やっと出口だ!

長いトンネルの先にあったのはまぎれもなく空港でした。 


やったー!着いたー!

長い地下道を越えた先にあったのはまぎれもなく空港だった。いつも知っている成田空港第2ターミナルビルだ。でも、入口が普通の人と違う場所からやってきたので、なんだかパラレルワールドみたいだ。

この違和感を取り除くために・・・


おしっこに行った

おしっこに行っている間、いろんな人種の人がトイレを出入りして、その間に、ああ僕は空港にやってきたんだなー、と改めて実感した。徒歩で空港まで来たという達成感と、どこか物足りない気持ちを抱く僕でした。


出口Aを選んだ人用まとめ

夢にまで見た、徒歩で行った空港はとてもきれいでした

中に入れたぜ

しかし、本当に僕がやりたかったことはこれなのか。徒歩で行くのは徒歩で行くのだが、なんというか、もう少し信号待ちをやり過ごしたりとか、そういう徒歩を僕は望んでいるのだ。何かが違う。その物足りなさを抱きつつ、今回の記事は終わりたいと思う。


と、終わるのはまだ早い。

もう一度最初のページに戻って出口を選びみましょう。きっと、もっといい体験ができるはずですよ。僕ももう一度だけ引き返して、違う出口を行こうと思います。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.