デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


土曜ワイド工場
 
田舎でフリーハグ

● フリーハグ決行!

やはり大勢の人が行き交う場所といえば駅前だろう。とはいえ、この村には電車も汽車も走っていないので、バスの停留所を駅と呼ぶ。行ってみるとスペースはじゅうぶん。数台分の駐車場もあるし、屋根やベンチ、待合室まである。よし、ここにしよう。抱くぞー!

九戸ターミナル

にぎわい

九戸で抱きたいオトコNo. 1を目指して

さて、今年最高の笑顔をひっさげて立ちはじめたものの、さすが田舎である。通行人がほとんどいない。冬を前に農作業も落ちついて、寒空のもと、わざわざ出歩く用もないのであろうか。待合室のご老人たちも一向にでてくる気配がない。時刻表を確認すると、バスは1時間に1本もなかった。
たまに通る小学生は、遠巻きに眺めて笑いながらコソコソなにやら話している。感じワルーい!
中学生くらいになると、完全に気づいてないふりを決め込んでいるようだ。おじさんのこと、もっと見てもいいんだよ!

で、しばらくただ黙って立っていたのだが、あまりにも見込みがなさそうだったので、ちょっとだけ攻めてみることにした。なにしろ田舎の人はシャイなのだから。

というわけで、意を決して村のメインストリートを闊歩してみました。


歩きだすNo. 1

 原稿を書きながらあらためて写真を確認すると、ますますハグされにくい状況に陥っているとしかおもえないが、このときはけっこう必死であった。普段の自分であれば、手に持った紙を見せながら外を歩くというのは簡単にできる行動ではないのだが、正面をしっかりと見据え、足取りも一歩一歩着実である。人間ふっきれる瞬間というのがあるものだ。寒さでマヒしたと言いかえてもいい。
だが、住民の反応は依然として芳しくない。


逃げましょ逃げましょ

さっさとこの村から立ち去れ! 

寒い……。

 すごく犬に吠えられて凹んだ。ときおりすれ違う車から訝しげな視線を浴びせられた。前から歩いてきた女性がぼくに気づくと急に道を渡った。淋しかったが、どれも健全な反応だという気はする。

どうやらここでハグは望めそうにない。場所を変えてみよう。
もう少しだけにぎやかな街がいいな。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.