デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

ロマンの木曜日
 
ポップアップ写真と昆虫紙切り:デザインフェスタでビッときた人々
ビッとは、あまりこない


デザインフェスタは「アジア最大級のアートフェスティバル」と謳う催し。今年は6500人集ったそうだ。
プロ・アマが入り乱れ、芸術は爆発系から主婦の手作り雑貨まで。個人的には「大規模フリーマーケット(アート系)」といった印象だ。

私も過去に2回ほど出展したことがあるが、爆発でもなければ主婦でもなかった。 他のブース(出展)にまるっきり興味もわかなかった。

でも今回は少しちがいました。なぜなら本気で、ビッとクるものを探してみようと思ったからです。

 

(text by 土屋 遊



アンテナを張り巡らせよう

つねにぼーっとして歩いている。考えていることがあるとすれば、私はいつも時間に追われているので「間に合うか」ただそれに尽きる。

そうして毎日歩いている商店街や、あきあきしている国道も、脳を働かせることでいきなり活気に満ちることがある。

今日は落ちているゴミに注目しようとか、店舗の二階住民に思いを馳せたり、いまではめっきり少なくなった電信柱の数を数えて歩くことで、思わぬ発見があるのだ。


祭りの聖地:ビッグサイトのカタチが急に謎めいて見えてくる「うーんここに住むのは大変そうだぞ……」
なにかを運ぶ人々。「なんだろう?」とはあまり思わず真剣に見つめるギャラリーのほうに興味がわく

今までは半ば夢遊病者のようにふるまっていたデザインフェスタ(徹夜続きのため朦朧としていたため)で、アンテナを張り巡らせるとどうなるか。ちょっと興味もあったのだ。

ビッとくるものはあるのか、ないのか。本気で興味をそそられる人はいるのか、いないのか。私は今まで、なにか見落としてやしないか。


本当は、手先器用女のやじましょうこさんの店番にきたのだが、そのへんは遅刻したため見落とすことにした。

 


異空気の女の子たち

居合わせていた友人ら数人と次々に談笑したため、すっかり時間がなくなってしまった。これは幸いした。ズンズンと早足でまわることになり、アンテナが反応する。脳で思うより早く足が「パタッ」と止まるからだ。それにじっくり見学していたら、途中で疲れはて挫折していただろう。

まずはおとぎの国や、浮世絵から飛び出してきたような女の子2組に遭遇。仮装やパフォーマンスをしていた人はたくさんいたが、彼女たちの空間は別格だった。


夢うつつ雑貨店」はサーカスがテーマ
わたがしみたいな女の子たち。ラブリーとはこういうことだったのか。

自らをアピールするのではなく、商品をより引き立たせるために自らを演出する女の子たちのパワーはすごい。 四角いブース(割り振りられるスペース)のすべてをフルに使ってプロデュースしているサマは圧倒される。


骨の髄まで神経が行き届いている気がする
撫子凛さん
浮世絵を背に女子高生バンドの作品が大人気

つぎは、まさかデザインフェスタで、こんなにもコーフンするとは思わなかった紙切り人たちとの遭遇。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.