デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


チャレンジの日曜日
 
中国のお洒落スポットで見た変な日本語

カバン屋と日本語

 洋服屋に日本語があればカバン屋にも日本語あり。中国では日本語はオシャレアイテム。北京オリンピックの観戦ツアーでは、ひらがなカタカナをシャツやパンツに大きくプリントした服で着こなせば、中国でモテ系ファッションとなるかもしれません。来年の夏は北京で五輪モテ!みたいな。いやですか?そうですか。


日本語のあるカバン屋、一見日本語はなさそうだが…

よく見るとなにやら怪しい日本語が

さらによく見ると、「ブラゾドシヨシプ選んだ」という暗号が。ごめん、誰かこの暗号を解いてくれ。

店内のポスターを見るだけではもったいない。せっかくだしこの店で1つカバンを買ってみた。いい土産だ。


あらあらこんなところにも日本語が

良くままいだあと、陰乾し。濡れたままの放置は…なんて読むんだ?最後の「したものちす」も素敵。ちーす!

 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.