デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ひらめきの月曜日
 
ドッグカフェで犬用のメニューを食べてみた
これがワンちゃん用メニュー


最近犬と一緒にくつろげるドッグカフェというものが増えてきた。通常のカフェではペットの入店を断られることも多いので、ペットを飼っている人にとっては便利なのだろう。

僕はペットは飼っていないが、近所のドッグカフェのそばを通りかかるたびに気になって店内を覗いてみると、犬がおしゃれな皿に盛られた料理を夢中で食べていた。犬も家のご飯よりもおいしいと感じているのだろうか。

それにしてもドッグカフェのワンちゃん用メニューは人間の見た目でもじゅうぶんおいしそうだ。だから食べてみることにした。ナイスアイディア。ぼくったらかしこい。いただきます!

(text by 梅田カズヒコ



新宿御苑前に面した気持ちいい場所にあります
はじめてのドッグカフェ。どうしていいかわからずおとなしくなる。

さっそくドッグカフェに行ってみた

“犬用のメニューを食わしてくれ”という無茶なお願いにご協力いただいたのは新宿は新宿御苑前にあるドッグカフェのWITHさん。午前中のひまな時間帯を見計らって企画に付き合っていただきました。感謝します。


DOG&CAFE WITH

新宿区新宿2-2-6 第一福富ビル1階
03-3350-1041
https://www.dog-cafe.jp/


上のホームページにはワンちゃん用のご飯のメニューも写真付きで掲載されているのだが、とてもおいしそうだった。「レバーペースト」と「納豆チャーハン」の2品を頼んで席に着く。

僕には犬や猫を飼っている友達も居ない。なのでドッグカフェは未体験である。オーダーを待つ間、期待と不安が頭をよぎりどうしていいかわからなかった。

あとで写真を見返してみたら食事が出来上がるのを待つ僕は借りてきた犬、ならぬ猫みたいにおとなしかった。しかし、今回僕は犬用のご飯を食べるので犬としては正解だ。しつけのできた犬である。

 

一品目登場


納豆チャーハン(小)315円。

どうだろう?
見た目はかなりおいしそうだ。
これは食べたい、という衝動に駆られてもしかたない。

さっそくいただきます! 


実は今日はおなか空かしてきたんだよね。軽く食べちゃうよ。

ちなみに店員さんいわく、犬に出す用のメニューなので、人間が食べてももちろん問題はないです。とのこと。ならばバクバク食べようではないか。量も少ないしこれぐらいだったら一気にいけるだろう。

糸の引き具合がすごい。人間のメニューと違ってほかほかじゃなく常温だから糸もよく引くのだろう。

ちなみに犬用のメニューの特徴は温度が常温であること。犬は極端に熱いものや冷たいものを食べるとよくないから。考えてみれば、人間の頭で犬にとっておいしいメニューを作る、というのってすごく難しい作業なんじゃないか。

勢いよくばくっと。

ん…これは…うーん。

塩をふる

味、うすい。

犬のメニューはすべて人間が食べると薄味らしい。この納豆チャーハンも例に漏れず薄かった。でも決してまずくはない。テーブルの塩とコショウをかけて食べたらおいしかった。後で店員さんに聞いたら飼い主の中には納豆チャーハンは見た目もおいしそうだからという理由で食べる人もいるそうだ。 もっと罰ゲームみたいなことになるかと思ったがそうでもない。なんだ、この調子なら全部たべられるんじゃないか。


レバーペースト(小)315円

2品目、レバーペーストの試食で事件が!(おおげさ)。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.