デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
早回しのように見える(?)動画
針がぶれるぐらいのスピード


早回し映像が好きだ。長時間かけて撮影したものを早回しして月がものすごい早さで動いたり、花があっというまに咲いたりする。時計もぐるんぐるん回る。当サイトでもライター三土さんが「微速度撮影で遊ぶ」という記事を書いていた。

僕も挑戦したことがあるが、カメラの電池がなくなってしまったり、 メモリーがいっぱいになったり、いろいろたいへんだった。

もっと簡単な方法はないだろうか。動画を早回しするんじゃなくて、時間が早く過ぎてくれればいいのではないか。時間の流れを速める方法とは?(林 雄司



時間を早めるには

「時間を早める」は神の領域だが、時計を早めることならできる。時計のモーターを交換してぐるぐる回してしまえばいいのだ。

動画のなかにそのぐるぐる時計が写っていれば、ふつうの映像でも早回しのように見えるのではないか。

まずは早く動く時計を作った。

地味な手作り時計ですが
手作り時計用のムーブメントにむりやり模型用のモーターとギヤをつけてある。

この時計を作る過程で瞬間接着剤が手についてとれなくなったり、いちど失敗してフテ寝したりしたのだがわりとよくある話なので割愛する。

これが完成した素早く動く時計。


モーター音を響かせて回る

この時計を傍らに置いておけばどんな映像でも早回しのように見えるはずである。

 

ファミレスで実験だ

深夜のファミレスにはたいてい寝てる人がいる。そんな寝てる人を一晩じゅう撮影した映像を早回ししたもの(と自分に言いきかせて)ご覧ください。


ファミレスで朝を迎える人

どうだろう。突っ伏してるあいだに朝になってしまった人に見えないだろうか。無為に過ぎてゆく時間がぐるぐるまわっている。

素直に見れば「早く動く時計を横に置いて寝てる人」かもしれないが、いまは素直さを発揮するときではない。社会性を発揮していただきたい。見えるよね。

じゃあ、早送りっぽい動きをしてみたらどうだ。カチャカチャと動いてみたら完璧に早送りのように見えたりして!


セルフ早送り

いや、これじゃ不審な時計と挙動不審の男だ。こんなに完成度の低いモノマネはそうそう見ない。僕のテーブルだけウェイトレスが来ないで店長らしき男が来ていた理由が分かった。ずっと半笑いなのも反省点である。

こんな恥ずかしい映像からわかることは早送りを体で表現するのは無理がある、ということだ。動きの少ないものでなんちゃって早回しに挑戦したい。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.