デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ちしきの金曜日
 
あのゆるキャラに会ってきた!
このゆる〜いうしろ姿は……


「ゆるキャラ」というのをご存知だろうか?
ゆる〜いキャラクター、略してゆるキャラ。
名付け親であるみうらじゅん氏が提唱するまでは、ほとんど注目されることなく日本全国に埋もれていたキャラクター達。
が、いまやそのゆるさがウケて、人気上昇中である。
昨年はTVチャンピオンの枠で、ゆるキャラ日本一決定戦が開かれたりもしていた。

テレビの中の彼らもかなりゆるかったが、実物はどうなのだろうか?
栃木県のとある場所で、あのゆるキャラに会ってきた。

ゆるキャラに関してのWikipedia

(text by 上杉 天馬



ゆるい、テレビで見た以上にユルイ……
子供に大人気のハンタマくん

ハンターマウンテン塩原のハンタマくん

やってきたのは、栃木県のスキー場、ハンターマウンテン塩原。
お正月イベントとして、餅つき大会が行われていたその場所で、ふにゃふにゃ踊る真っ白い楕円形の物体が……。

あれは、ハンタマくんだ。

ゆるキャラ日本一決定戦でハンタマくんは、単純にそのキャラクターのゆるさを競った第1ラウンドを、最高得点の96点(100点満点中)で通過したツワモノだ。
その後も、第2ラウンド、第3ラウンドと勝ち上がり、決勝ラウンドでも敢闘していた。
惜しくも優勝はならなかったが、 第2ラウンドが50m走、第3ラウンドがクイズ、決勝ラウンドが相撲ということを考えれば、ゆるさを競った第1ラウンドこそが、ゆるキャラにとっては負けられない闘い、事実上の決勝戦。
つまりはハンタマくんこそ、キングオブゆるキャラということが言える。

テレビで見たハンタマくんは、走って、クイズに答えて、戦って、とゆるさの中にもかっこ良さがあった(ような気がする)。
ゆるかっこよかった。
しかし、今、目の前にいるハンタマくんのゆるさはなんだ。
ゆるい、あまりにゆるい。
正面から見ても、横から見てもゆるい。
是非、皆様もハンタマくんの写真をじっくりと見て欲しい。
目がつぶら過ぎじゃないだろうか。
腕が細すぎじゃないだろうか。
後姿や横からの姿に、キャラクター感がなさすぎじゃないだろうか。
全体的にシンプルというか、造り込まれていないというか、なんというか……。
これがゆるさか。
※注:ゆるキャラパイオニアのみうらじゅん曰く、「ゆるさ=癒し」である。

 

スキーが得意なハンタマくん
塩原温泉に浸かるハンタマくん。このあと温泉ハンタマに

プロフィールは更にゆるい

以下はハンタマくんの公式プロフィールなのだが……。

■氏名:ハンタマくんって呼ばれている。
見た目どおり、半分のたまごという意味でハンタマくんなのだろう。
ちなみに、ハンタマくんがいる場所は、ハンターマウンテン塩原だ。

■出生の秘密:一説によると、ゆでたまごを半分に切って、ソースで目を描いたら手と足が生えてきたというウワサがある。
卵から生れたという点でいえば、案外普通だ。
違いといえば、ゆでた後であるということと、卵から直接手足が生えたってことくらいだ。

■性別:もう半分が女の子らしいので、ハンタマくんはたぶん男の子。
そういえば何となく男の子っぽい顔立ちをしている。
もう半分の女の子というのは、ハンタマくんの双子の妹らしい。
正に一卵性双生児じゃないか。
この妹に関しての詳細はまったくわからないが、名前は「ハンタマちゃん」のような気がする、なんとなくだが。

■特技:塩パラパラ・ダンス。
単なるパラパラダンスじゃないのは、左手に持った塩を(自分に)ふりかけながら踊るという点。
何でも、頭に塩をふると、「しおパラしおパラ」と音がするとかしないとか、らしい。
ちなみに、ハンタマくんが居る場所は、ハンターマウンテン塩原(しおばら)だ。
その他、スキー・スノボ等ウィンタースポーツは万能らしい。

公式プロフィールにして、このゆるさ。
さすがは日本一決定戦で、ゆるキャラ度96点を獲得していたハンタマくんだ。
「スキーをした後に塩原温泉郷に行き、ゆだりすぎて温泉ハンタマになっちゃうこともあるらしい」という逸話もゆるい。
※注:ゆるさ=癒しである

 

ハンタマくんと向かい合って座ると、変な感じ
アンパンマンをじっと見つめるハンタマくん、その胸中は?

ハンタマくんと過ごす癒しの時間

イベント後、ハンタマくんにハンターマウンテン塩原を案内してもらった。
小腹が空いたので、まずはレストランへ。
ハンターマウンテン塩原には、多くの食事施設がある。
その中で、今回連れて行ってもらったのは、ビックアップルというレストラン。

ここでは、ハンタマくんを模したプレートメニューが食べられる。
しかも今年は、ハンターマウンテン塩原の20周年ということでの特別メニューが、 ハンタマくんのちび人形もついて、1200円で食べられて、お得!
ということを、声に出すことはないが、ハンタマくんは言いたかったに違いない。

続いてはキッズパークへ。

キッズパークは子供達が安全に楽しく遊べるような施設で、オリジナルハンタマくんグッズのオマケつき、ソリレンタル無料、一日中遊べて、お値段はなんとたったの800円(保護者無料)。
という、ハンタマくんの心の声が聞こえたような気がした。
ハンタマくんが喋ることはないが、不思議とそんなことを感じたキッズパークまでの道のり。
普段はゆるいが、ハンターマウンテン塩原のPRだけはしっかりする、ハンタマくんの違う一面を覗くことができた。

途中、アンパンマンのイラストの前で、ふと立ち止まるハンタマくん。
その表情から感情を読み取ることはできないが、もしかしてメジャーへいきたいのか?

ウィンタースポーツ万能のハンタマくん
ハンタマくんと一緒に滑る
滑り終わって放心状態の(ように見える)ハンタマくん

キッズパークに行くと、子供達がハンタマくんを見て、「玉子さんだー」と寄ってくる。
ハンタマくんも一緒に写真に写ったり、握手をしたりと、大忙し。
ハンタマくんはやっぱり人気者だった。

キッズパークの中でも、特にチュービングというのが人気らしいので、ハンタマくんと一緒にやってみることに。
クネクネと曲がるコースを、ゴムのチューブに乗って滑り降りるのだが、果たしてハンタマくんにできるのか?
ちゃんとバランスが取れるのか、チューブには収まるのか?
転んだ拍子に黄身の部分が取れちゃうんじゃないだろうか、そしたらZARDの往年の名曲「君がいない」の替え歌で、「黄身がない」なんて曲ができないだろうか?
いろいろと心配だ。

ウィンタースポーツ万能というだけあって、転倒することなく滑り降りたハンタマくん。
ただ、傍目から見ると危なっかしい。
そんな危なっかしさの中にもゆるさが混じるのは、ゆるキャラだからだろうか。
※注:ゆるさ=断じて癒し


ゆる危なっかしい滑りは、ゆるキャラにしか、いやハンタマくんにしかできない業である

■ゆるさとは確かに癒しだった

ハンターマウンテン塩原をよろしくおねがいします

よく現代人は頑張りすぎている、なんていわれる。
それとは対照的なゆるキャラ。
ハンタマくんの佇まいやプロフィールを見ていると、自分も肩肘を張らなくてもいいんだ、という気持ちになってくる。
「そんな気負わなくていいんだよ〜」と、聞こえてきそうだ、あの黄身の部分から。
世知辛い世の中、なんだかやっていけそうだ。

ハンタマくんに会えるのはハンターマウンテン塩原だけ。

レストランなどの施設も充実する、首都圏最大級のスノーリゾート。
車なら東京から東北道で150分、JR線那須塩原駅・東武日光線鬼怒川温泉駅からの無料シャトルバスも運行。
今シーズンは20周年キャンペーンも実施中!


■住所 栃木県那須塩原市湯本塩原字前黒
■п@0287-32-4580
■URL https://www.hunter.co.jp/
■営業期間 4月中旬まで(予定)

 
 
関連記事
名古屋キャラクターハンティング
「歯医者キャラ」を鑑賞する

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.