デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ひらめきの月曜日
 
チョコレートフォンデュ具検討会


アリナシの差が激しかったセカンドステージ

第2ステージ エントリー具

・甘栗
・ サトイモ
・ ミックスビーンズ
・ スモークサーモン入りチーズ
・ ヤングコーン
・ ウズラのゆで卵

いきなり波乱のスタートを切った検討会。気に入った具はチョコにひたし、そうでもない具はチョコをつけずにそのまま食べながら進行しております。

さて、徐々にあぶなっかしい具も食い込んでくる第2ステージだ。

一体なにが始まるんだろうという取り合わせの具のみなさん

先ほどの第一ステージ同様、このステージにもまた魔物が棲んでいたのであるが、まずは美味しかったものからご紹介しよう。

高瀬さんがチョコにひたしたとたん、「はわー!」と感嘆して超接写で写真を撮り始めたのは甘栗

うっとり

「テリテリですよ、テリテリ!」と、もう食べる前から盛り上がっている。

確かに美味しそうっちゃあ美味しそうだが、元々甘いし……と最初及び腰だった古賀も、 食べてみて 真後ろにヒックリ返った。美味しいぞ! こっちのみーずはおいしいぞー!

先ほどの焼き芋といい、甘栗といい、秋っぽいものとチョコは相性がいいのかもしれない。

そしてサトイモミックスビーンズ。「サトイモのチョコ煮ってありえますよ」と大塚さんが盛り上がり、古賀は元来好きなミックスビーンズひよこ豆の美味しさに涙した。高瀬さんももらい泣きしている。

意外にもそれほどの感動を呼ばなかったのはウズラの卵。ビターだと美味しいが、ミルクだと黄身は美味しいのだが、白身が合わなかった。


完成されたスウィーツだった甘栗

普通に成立していたサトイモ ドングリっぽい見た目はかわいいんだけど…微妙だったウズラの卵

絶望の果てを見た、2品

大塚「ん? はっ!」
高瀬「あ、うーん? おうおっ!」
古賀「惜しい感じですかね?……………ふふぁぁっおいしくない!!」

強烈な後味で残念な結果が押し寄せたのはヤングコーンだった。ビターならまだしもミルクだとグッと残念な味だ。ゆでて塩の保存ん液にひたしてあるタイプだったのだが、どうも塩水とチョコの相性が悪いらしい。そういえばウズラの卵もそうだった。

古賀「ミックスビーンズは塩っけが美味しかったですよね? でも塩水っぽいのはNGと」
大塚「包容力のあるものがいいみたいですよね。とか。ヤングコーンみたいに単品でエッジのきいたものはダメっぽい」


単品だとあんなに美味しいのに…… そして、期待のチーズは

だんだんと我々の前にチョコフォンデュの具のボーダーラインが姿を現しつつあるのを感じつつ、激震は次のチーズでおこった。

「うんにゃ、うんにゃ、うんにゃー! うーん、うーん!」

どんな人間のリアクションだろうと思われるかもしれないが、高瀬さんのうめきだ。

古賀「なに、なに? うまいですか?」
高瀬「ま、まずいー!」
大塚「あうっ!」
古賀「大塚さん?」
大塚「これはまずい!」

今のこのご時世だ、まずいものを口にする機会というのはそうそうない。が、これは本当にすごかった。サーモン入りのチーズだったのだが、圧倒的にサーモンがよくなかった。

チーズ、チョコ、両生産者の方々に深くお詫びしたい検討会の失態である。ちょっとでも磯の生ぐささあるとよくないようだ。

海のかおりとは相容れないらしい(写真はイメージです)

第2ステージベスト具は甘栗


静かな進行、第3ステージ

あまりにもドラマティックでリアクションも平時の5割増しだった第2ステージに比べると、続いて投入した物々は淡々と進んだ。

第3ステージ エントリー具

エイヒレ
トマトプリッツ
ババネロ系スナック
チーカマ
サラミ
チクワ
ピクルス


一見どうかと思われる物の、一定においしかった第3ステージのみなさん

美味しかったのはババネロ系スナックサラミだ。ピリ辛の物とチョコの相性はかなりいいらしい。大塚さんによると、メキシコ料理にあるチョコレートソースは唐辛子を利かせているそうだ。

サラミの成功により、との相性にかなり期待が持てるようになってきた。いいぞ!

が、意外にも、以上2品をのぞく残りは微妙に微妙に残念な結果であった。


自信を持って古賀が推したエイヒレは噛み切れずにチョコをなめて、エイヒレを食べる、という別々に食べているのと変わらない感じに。


チクワは高瀬さんのみが絶賛大塚さんは「モワーンとする」とすると。

トマトプリッツはもくろみ通りポッキーみたいにはなったものの、味はトマトの主張にチョコが負けてしまった。

一発逆転を期待したピクルスもほんのちょっとチョコをつけただけで酸味がチョコに牙をむいた。

そして静かに、しかし一番強く全員からNG が出たのはチーカマだった。 そういえば先ほど、サーモン入りチーズで一同大変なことになっていたばかりだ。

チーズは鬼門か

「フォンデュといえば、チーズだからってチーズ側にプライドがあるのかもしれませんねえ」「フォンデュ界にチョコは出てくんなよ、みたいな」「俺が、いや、俺がみたいな」

本当にそうなのか。しかし、チーズとの相性は絶望的なようだ。

第3ステージベスト具はババネロ系スナック


チョコが固まるとレンジアップしながら会は続く

なにやら雲行きがあやしいが、実はここまではチョコフォンデュの底力が発揮される序曲だったのだ。

先に言います。次のページで食べたキムチとハムカツが美味しかったんです!



 

▲トップに戻る特集記事いちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.