デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 
いろんなものに「焼き」を入れる

● 和菓子

助六寿司を買った和菓子屋でアンコ物も数点買ってきたので、デザートとして焼くことにしよう。「おやき」に代表されるように、和菓子は焼いてもきっとウマイはずだ。

だが、やはり助六での失敗が頭をよぎる。そんなわけで、すべてを半分に切って試すことにした。マズかったら悲しい。


よもぎの柏餅、麩まんじゅう、豆餅をセレクト
あれこれ買ったら、水ようかんを1個サービスしてくれました。おばちゃんありがとう

いい色に焼けてます。水ようかんはドロドロになる前にフライパンから救出

豆餅がおいしくなったのは勿論だが、柏餅が大変においしい。中の粒あんも程良く温まって、表面のカリッとした部分と非常に良く合う。まさに「おやき」的ウマさだ。

一方麩まんじゅうは、こしあんが柔らかくなりすぎて、なんというか物凄く頼りない一品になってしまった。水ようかんに至っては、なぜ焼く必要があったのかと自分を責めたいほどの焼き上がり。半分焼かずに取っておいて本当に良かった。

 

● くだもの

最後は、フルーツでサッパリと締めたい。選んだのはアンデスメロン、オレンジ、バナナの3つ。


本当は同じ皿に盛りつけたかったのですが、メロンから水分がジャブジャブ出まくったので諦めました

とにかく、特筆すべきはメロンから出た水分だ。野菜炒めを作る時、野菜から出る水分に苦労させられるが、あれか? メロンは野菜か? ってほどに出まくった。

「メロン」といえばフルーツな感じだが、「瓜」というと野菜のイメージになるから不思議だ。


箸でつまもうとして、さらにグチャグチャに

味も、焼いたことでうっすらと青臭さが出てしまった。えー、メロンは何があっても焼いてはいけません。

バナナ。すいません砂糖をかけました

バナナは焼くことで甘みが増すかと思ったが、思ったほどではなかった。熟し具合が足りなかったのだろうか。オレンジも、なにやら中途半端な甘さというか、ヌルさというか…。うーん。

果物はお菓子に使われるイメージが強かったせいか、どれも大丈夫かと思ったが、おいしく食べるには、ひと工
夫必要な模様。そういや焼きリンゴも、かなり砂糖を使ってたなぁ。

 

勉強になりました

手当たり次第にあこれこと焼いてみたが、おいしくなるもの、おいしくならないもの、様々であった。当たり前か。

「そのまま」を食べた方がいいかも…という物が多かった中で、キラリと光る逸材もあった。納豆だ。というわけで、さっそく今からシラスとゴマを混ぜた物をネバッと焼いてこよう。

というわけで、傷みが心配になったら焼いてみるのも一興です。その前に、まずは物を腐らせないようにするのが一番かもしれません。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.