デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ひらめきの月曜日
 
暗くなるまで墓地を歩く
癒しのポイントは、人それぞれ

なぜか知らないが墓地が好きだ。好きというか、心が安らぐというか、落ち着くというか。

水族館や動物園も好きだが、つい気持ちが前のめりになるのは否めない。それに比べて墓地は、どこまでも静かだ。当たり前だが死んだ人しかいない。生きてる人も、あまりいない。

そこで、夏(お盆)を迎える前の静かな墓地を、日が暮れるまで歩いてみることにした。向かった先は、都内でも屈指の広さを誇る多磨霊園。

さあ、癒されまくるぞー。

高瀬 克子


いきなり遠い

京王線の多磨霊園駅から20分以上歩いたろうか。霊園はまだ先だ。心のメモに「今度来る時はバスで」と書き込みながらさらに歩くと、やっと墓石屋やお休み処が軒を並べ始めた。墓地は近い。


平日の午後、お客さんはほとんどいません
石材店なのに、このハイカラっぷり。2代目の趣味でしょうか

この店は、巨大な犬が店番をしていました

なんとか正門に辿り着き、一歩中に入ると、いきなりロータリーが現れた。墓所はどっちだ? 右へ行けばいいのか左へ行けばいいのか、それすらも分からない。


門を入ってボーゼン
とにかく想像を超える広さ

この多磨霊園、128ヘクタールあるだそうだが、そう言われてもピンとこない。東京ドームが4.67ヘクタールだそうなので、ドームに換算すると、えーと、27.4個分ということになる。…ますますピンときませんが。

とりあえず入口右手の「管理事務所」に入り、「あのー、案内書というか、地図みたいな物ってありますか?」と聞くと、係の方が「こんなものでよろしければ」と、一枚の紙をくれた。



番地のような数字が割り振られてあります
ふだんは、どんな仕事をしているんだろう

簡単な地図ではあるが、これがあれば迷うことはないに違いない。なんといっても、ここは都内だ。見れば園内にはバス通りまであるじゃないか。キツネに化かされない限り、遭難することはないだろう。

ありがたく頂戴し、いざ、霊園の奥へと足を踏み入れた。


有名人のお墓の場所も書いてある丁寧っぶり

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.