デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


フェティッシュの火曜日
 
エアギター入門


基本姿勢

宮城 「やっぱりロックスターは堂々としているので胸を張ってください。あごは引き気味で」

猫背で不健康がロックかと思っていたが、エアギターの場合は堂々としているほうがかっこいいのだ。

みなさん、まずはこの姿勢で。


エアギターは堂々と。

動きが重要

宮城 「実際のギターではいろんな格好で演奏するんですが、エアギターだとなにやってるのかわからないんですよ」

ちょっと試しにやってもらった。


かっこいいポーズも
放水っぽい
ジミヘンばりのこのポーズも
がおー、って感じ
観客の叫びが聞こえそうなこのポーズも
コントの匂いが漂いはじめる

なるほど。たしかにギターがあるとかっこいいのに、ないとわかりにくい。

宮城 「いきなりこういうポーズをとると、見てる人も、あれ?どうしたんだろう?って迷いますから」

まさにいま、僕が宮城さんなにやってんだろう?と思っていたところだ。

宮城 「だから、ギターをそこまでもっていく動きを見せるのが重要なんです」

過程を見せることで「ああ、いま背中でひいているんだな」と思わせるのだ。

ギターを背中に持っていく様子をご覧ください。マウスカーソルをあわせると動きます。

これならばギターを背中にもっていったことがよくわかる。その後のパフォーマンスものりのりだ。


のりのり。

…………。皆さんもお気づきかもしれないが、面白いのはエアギターじゃなくて、宮城さんなのではないか。僕もこの時点で確信した。

宮城さんがおもしろい。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.