デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ちしきの金曜日
 
700人が穴を掘る! 全国穴掘り大会

開始直前。どこを掘るかチェック! のはずが宮城さん以外はわりと思い思いの行動。
いよいよスタート!

制限時間1時間! 穴掘り開始!

抽選で場所が決まると各チームに3m四方ほどのテリトリーが与えられる。1時間の制限時間の間にこの場所の中でどこでもいいのでで1cmでも深く掘ったチームが優勝である。前回の優勝者は3m71cmも掘ったらしい。すごいような、僕らでもがんばればできるような。

ロープを持ってきたほうがいいって言われたけど何に使うんだろ? スコップ2つで間に合うのか? と、根本的な疑問が飛び交う中、穴掘り開始のホイッスルが鳴る短いようで長い1時間の挑戦が始まる。

 

2005年は穴掘りブームだ!

穴を掘り始めた感想は、思ったよりも穴掘りは面白い。2005年は空前の穴掘りブームになるかもしれない。よくよく考えてみれば実生活においてそうそう穴を掘る事などないので、やってみると意外と手軽に非日常が味わえる。でも、掘ってる自分は歴史の教科書に出てくる圧政のもと無理矢理働かされている人のようだ。

ぜんぜん掘れねー。
掘る男二人と見守る男とメモする男。
(どういう状況だよ!)
林さんの電話が鳴る。
「あ、今穴掘ってるんでかけ直します……」
周りの参加者も単純作業に没頭。

穴を掘らないあいだ、やることがないのでそれぞれ状況をメモしていた。せっかくなので、そのまま公開してみます。

・結構きつい作業で言葉がとぎれる。
・宮城さんはマリオに似ているが、コスプレ賞狙いではないか?
・らせん階段状の穴を掘って「体育会系の奴らは思いつかないだろ!」てえばってみるのはどうか?
・石原さん、花粉にやられてつらそうだ。
・「あと40分です」「そんなにあるんですか?」


あたり一面にぼこぼこと空く穴。異様な光景。
中にはセクシーなコスプレチームも居ました。

戦いはいよいよクライマックスへ!



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.