デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


フェティッシュの火曜日
 
都バス最長路線の旅

お祭りが開かれていた

次の途中下車は武蔵村山

バスに30分乗って武蔵村山市役所前で降りる。市役所のまわりではお祭りが開かれていた。

おばちゃん達の踊りに目を奪われたが、ここでのコネタはこれではありません。

繭玉から絹糸をつくっていた
もう釘付け


青梅街道コネタ2
 



このあたり、武蔵野と呼ばれる東京・埼玉の西部は小麦粉の産地なのだ。ここらへんのうどんは冷たい麺を温かいつけ汁につけて食べる武蔵野うどんというタイプ。


武蔵野うどん

この汁には肉やネギが入っている。東京のうどんもかなりいけます。


右にうつっているのはさっき買ったパン
 


よその学校の文化祭に行くようだった

でまたバスに乗るわけだ

バスに若者4人が乗ってきた。

「JKだろ。パンツのなかのJKだろ」
「うっせーよ、ばか」
「学園祭でAA行ったんだろ?」
「うっせーよ、ばか」

なにか隠語を多用して話してて楽しそうだった。次は瑞穂町の長岡というバス停で降りますよ。



青梅街道コネタ3
 



たぶんここのエース。レッサーパンダ。

やたら目があう

バス停から歩いて20分のところに羽村市立動物園がある。市立のこぢんまりした動物園なのだが、なんだか動物が妙に近くにいるのだ。

ニホンオオカミもすぐそこに。
近いので目が合う
「おきもの動物園」というコーナーにいたパンダ。ポーズはサル。


……、あれ?

実際に行ったときは動物が近くにいる気がしたのだが、写真で見てみるとそうでもない。ちょっと自信がなくなってきたが、のんびりしたいい動物園であることは確かだ。

羽村市動物公園
羽村市羽4122
 


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.