デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ちしきの金曜日
 
大阪市営・無料渡し船に乗ってみました

いきなり脱線
大正区側に着くなりお茶をうぐうぐと飲む。とにかく暑い。暑いのは夏だから当たり前なのだが、暑い。しかし、暑いと書くだけでは伝わらないので温度計を買いに行く。100円ショップダイソーで購入。なぜかドイツ製であることを全面に押し出した商品である。


温度計
メイド・イン・ジャーマニー


第二航路「千歳渡船」(ちとせとせん)

渡船場を探すのにちょっと迷ったが無事発見。時刻表をチェックしてベンチに座っていると、程なくして中学生男子の二人組が自転車でやってきた。聞いているわけではないが、自然とその男子二人の会話が耳に入ってくる。「彼女に結婚しようって言うてんやんかー。」「ほいで?」「もうちょっと考えさして。って言われてん。」とのこと。おいおい、君たち、ゲームボーイをぴこぴこやりながら交わす会話かね?ここの乗船時間は1分30秒くらい。


中学生1
海をみつめる結婚したい中学生と

中学生2
ゲームボーイぴこぴこ中学生

橋
渡しを利用しなかったらこんな感じで橋をのぼらなければいけない


第三航路「船町渡船」(ふなまちとせん)

ここも見つけるのになんぎした。そして渡船場に着いてびっくり。対岸が目の前なのだ。ブブカ選手なら飛び越えられることまちがいなし!と思い備え付けのパンフレットを見たら、75メートルもあるらしい。飛べませんね、こりゃ。すみません。ちなみにそのパンフによると、昭和30年代には対岸まで船を連ね、その上に板を敷き、人や自転車が通行していたらしい。鮫の背中をピョンピョン跳んで本土にやってこようとしたいなばの白うさぎの話を思い出す。昭和は遠くなりにけり。


渡船場
車で隠れてるもんで

対岸
ぴょんと飛んだらいけそう

待合室
「ちいさいおうち」のような待合室

ひとり
一人だけだったので写真を撮りにくかった。乗船時間は15秒くらい


第四航路「木津川渡船」(きづがわとせん)

この渡船場に着いて時刻表をみて唖然とした。昼間は45分に1便。次の船まで30分以上ある。とりあえず写真を撮るとヒマなので温度を測ってみることにした。結果、日なた45度、日かげ34度。知りたくなかった…。私はもう半分溶けてしまったお茶を飲み、ボトルを頬と額に当ててぼーっと船を待った。


時刻表
さびしい昼間

ひなた ひかげ
日なた45度(左)日かげ34度(右)

ベンチ
木のフレームにビニール張りのベンチがあった。

設備
車椅子のひとも乗船できます

待合室
住之江区側の待合室は薄暗くて静か。ほっと一息。

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.