デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


はっけんの水曜日
 
そうだ、ヤキソバの町へ行こう

地図を確認して、次の店に行くために、駅前まで戻る。

「駅の反対まで、出ないとダメみたいですね」
「どうやって行けばいいんですかね?」
「駅員さんにきいてみますよ」

駅員さんに声をかける。
ついでに
「焼そばを食べに来てるんですけどお、マップとか置いてあるとこ、ないですかあ?」
ときいてみると、
「あ、ここにありますよ」
と、引き出しをあけて、パンフを出してくれた。

……駅構内に、置いといてくれればいいのにい。

マップをゲットした私たちは、地下道をくぐって、駅の反対側に移動した。

地下道をぬけると、輸入食品の店が、幾つかあった。



「あ、そうか。ここって、以前取材した、ブラジルタウンも近いんでしたっけ」
「海外から来て、この近辺の工場で、働いてるのかなあ」

反対側の商店街も、静かだった。閉まっている店も多かった。
ふと見上げると、ツバメの巣があって、ツバメの赤ちゃんが、頭を出していた。



目的の店「焼きそば館 まちのえき」は、駅前でいちばん華やかな雰囲気の、ミスタードーナッツの隣にあった。




「ここは、いかにも観光客向けっぽいですね」

中には、「太田市やきそば」のうんちくが書いてあった。「群馬県産の小麦、W8号を100%使用しております……」

オミヤゲなんかも売っていた。



やきそばは、小もり200円から。

「はい、いらっしゃいませ!」

ご主人は、すごく愛想がよかった。でも私たちの他に、お客さんはいなかった。

「小もり2つ、あとオレンジジュースとアイスコーヒーを……」
「ハイッ」

注文をとってから、麺を焼く。じゅーじゅーと音がする。

座って待っていると、ホットケーキのメニューが、目に入った。




「ホットケーキもあるんですね」
「……これ、全部違う種類のホットケーキかと思ったら、同じ写真が9枚あるんですね」
「テクノな感じですね」

「小もり2つのお客様、お待たせしましたー」

きたきた。
少し麺が太い。




もぐもぐ。

「……うまい」
「うまいですね!!」
「シコシコしてて……」
「小麦粉自体が、美味しいんですよ」
「すごい、すごい」
「そうかあ、この衝撃は……さぬきうどんのチェーン店が東京進出してきたときに、初めて食べたときのショックに似てますよ」
「レベル高いんだあ」
「全然違いますねえ!!」

感激する私たち。

「コンニャク入ってますね」
「うん、でも……太田市のヤキソバの。いちばんの特徴って何なんですかね?」
「横手市のは『茹で角麺』で、目玉焼きと紅しょうがが乗っていて、富士宮のは『蒸し麺』で、ラードを絞ったあとの『肉かす』が入ってるらしいです」
「で、太田市は……?」
「これがちょっと、調べたんですけど、いまいち分からなくて……」

1店だけでは分からない。また次の店に、移動することにした。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.