デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ロマンの木曜日
 
純喫茶、バンザイ!
みんなの純喫茶

純喫茶は落ち着く。仕事の途中にフラッと入って遅いランチを食べてコーヒーをすすり、スポーツ新聞を読む。そんな至福のひとときを味わえる喫茶店を探します。これぞ純喫茶!という喫茶店があったら行きつけにしてしまおう。
そんなスローなひとときを、どうぞ。

(text by 住正徳



東武東上線沿線で純喫茶を探す

東武東上線の某駅で下車。駅前から左右に広がる商店街を右に、純喫茶を目指して歩く。
「あそこには2軒ほど純喫茶があるよ」
商店街のそばで育ったという友人からそう聞いていた。


東武東上線の某駅

純喫茶の条件として僕がこだわりたいのは

店名は外来語を漢字で表現したもの。
木の扉を押すとカランカランっていう。
一見コーヒー豆にこだわっているようだが、メニューにあるのはブルーマウンテンのみ。
テーブルがゲーム機だ。
スポーツ新聞が揃っている。
ランチタイムが夕方まで。
昼間からビールを飲んでいる客がいる。
トイレは男女別れておらず和式。

友人から聞いていた通りの道を行き、5分もすると一軒目の純喫茶が見つかった。
ショーウインドウにメニューのサンプルがディスプレイされている。



アイスティーにはレモンのみ、カレーライスのライスがカビている。
そして店名は「喫茶・玻璃愛奴(ハリウッド)」。
これはかなり期待出来そうだ。

重厚な木製の扉を押して店内へ。カランカラン、という音はしない。
純喫茶度が少し薄れるが、席に着くとテーブルは麻雀ゲーム機、しかも壊れている。



カランカラン無しでもこのテーブルで僕は十分満足だった。
周りを見渡すと昼下がりの時間を持て余す大人たちの姿が見える。



純喫茶特有の空気感。

時間は15時をまわっていたが、ランチメニューは余裕で注文出来る。チキンカレーとドライカレー、それにエビピラフの3品からチョイス可能だ。

僕はエビピラフを頼み、食後にブルーマウンテンをもらう事にした。



油の量が多めだが、これでいい。純喫茶の食事は量が少なめなので、油が多くないと満腹感を得られないのだ。
食後のブルーマウンテンをテーブルに運んでもらうようオバサンに頼んでから、僕はトイレに立った。

トイレは男女共用で和式。
ここまで、この喫茶・玻璃愛奴は扉のカランカラン以外、ほとんどの純喫茶度をクリアしている。
僕は強い満足感に包まれながら、手を洗う。

「ん?」
鏡に何かが写っている。



ハンカチで手を拭きながら、鏡に写っていたものを確認した。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.