デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


エキサイティング火曜日
 
エスカレーター速さ対決

3色そろったエスカレーター
僕らのあのころの未来がここに。
継ぎ目の平面では、あいまいな一瞬が出現する。

通勤でおなじみの2種

新橋の総武線快速ホームへの階段にも速いエスカレーターがあると聞いた。

3本とも、乗り口と降り口になにやら張り紙がしてある。パソコンで打ち出した「やや早いエスカレーター」「一般エスカレーター」に、透明なシールを張っているが、剥がれかけているのもある。

「やや」早いのが売りだとしても、横浜駅の電光掲示板「高速」と比べ、なんという扱いの差だ。それに「早い」じゃなく「速い」だとも思う。

ダイヤのせいか、2本が下りになっていた。上ってくるほうを計測してみた。

1段の奥行き:40cm
10段通り過ぎる時間:5秒97

∴時速2.41km

なんと、「やや早い」くせに「高速」を上回るレコードをたたき出した!恐るべし、通勤のメッカ。

 

アキバの変則2段シームレス

秋葉原の山手線・京浜東北線に上がる階段には、写真のように、踊り場も一気につなぐエスカレーターがある。

行く前は、踊り場と斜面での速度の違いも測りたいと考えていたのだが、ご覧のように平面部の計測地点を確保できず。仕方なく普通に測ってみた。

1段の奥行き:40cm
10段通り過ぎる時間:8秒26

∴時速1.74km

おわかりのように、普通のエスカレーターは1段の奥行きはどこも40cmで決まっているようなのだ。ためになる特集。

 


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.