デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


エキサイティング火曜日
 
エスカレーター速さ対決

変な未来の世界、という感じ。最先端への過渡期。
他の用で、しかもひとりじゃなく来たいものだ。
ゴージャス宝塚風階段、なのにエスカレーター。
外と内で7cm違う。

横浜方面がにおう

2/1から東急東横線が「みなとみらい線 元町・中華街駅」まで乗り入れを開始したことは記憶に新しい。

都心から中華街がアクセスしやすくなり、乗客も増えにぎやかな印象に。一度は乗って横浜方面に行ってみたかった。

それが、こういうかたちで訪れることになろうとは。まあいい。ここ東横線の横浜駅には、「高速エスカレーター」があるのだ。といってもどれくらい高速なのか。まず乗ってみた。

確かに、普通の駅構内のよりは速い気がする。では実際測って確かめよう。

1段の奥行き:40cm
10段通り過ぎる時間:6秒26

∴時速2.3km

出ました!いきなり6秒台前半!時速2km超!試合開始早々K点越えが出てしまった。最初に来なければいいだけの話だが。

ためしに動画を撮ろうと、デジタルカメラのファインダーをのぞきつつ乗ってみたら、乗るときと降りるときが速くて怖かった。

 

変り種に乗る

横浜からみなとみらい駅に移動して、ランドマークプラザへ。ここにはらせん状のエスカレーターがあると聞いてやってきた。

ブルジョワ風階段が左右対称に一組。今にもオスカール!と、豪華な人がカツカツと降りてきそうなところ。だがエスカレーターなのでシームレスに降りてくるわけだな。

さて、当然ながら、段が扇状になっている。

内側の奥行き:39cm
外側の奥行き:46cm

なので、内側と外側とでは速度が違うのだ!と、そんなに興奮するほどでもないが。

内側:11秒32 ∴時速1.24km
外側:11秒44 ∴時速1.48km

1時間で、内側より外側の方が240mも進んでしまう、と考えてみよう。頭がくらくらしてきます

 


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.