デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ひらめきの月曜日
 
サイコロ食研究

料理は五感で楽しむ物だと良く言う。味や匂いで楽しんでいるというのは分かりやすいのだが、見た目はどの程度味わいに影響してるんだろう。

いったん食材からビジュアル要素をとっぱらって食べてみたら、どれぐらい見た目で美味しさを感じているかが分かるかもしれない。

そんなわけで、食材、料理をいろいろサイコロ型にしてみました。 ここに四段階に分けて行った研究の結果を発表します!!

(text by 古賀 及子

ビニール傘


第一段階
その辺の食材をサイコロ化する

まずは食材そのものを単純にサイコロ化してみる。用意したのはその辺にあったジャガイモ、リンゴ、キウイ、キュウリ。どれも普段サイコロ型にして食べることはないような食材だ。

これら全部を同じ形に変える

それぞれを2センチ四方のサイコロ型にカットした。元は全然違う形をしたものが全く同じ形になって並ぶ。それだけでいつもと違う変な感じが。カモン!イージー非日常!

 
左上から時計回りに
キュウリ、ジャガイモ、リンゴ、キウイ

ぱっと見、食べ物じゃないみたいだ。でも食べてみます。

 

キウイ
とくに違和感なし。フルーツって生でカットされ慣れているからかも。

キュウリ
皮がないだけで随分印象が変わった。普段のキュウリより美味しい気がする。多分メロンと勘違いしている。

ジャガイモとリンゴ
色が似ているので、どっちがどっちだか見分けが付きにくい。特にジャガイモがリンゴみたいに見えて戸惑う。

わかったこと
なんとかして食べ物の外見の情報を得ようと視覚がフル稼働するのを感じた。
サイコロ型だと得られる情報のほとんどを「色」に頼っている。

 
色が似てると戸惑う

それじゃあ、わざわざ同じような色の物ばかりをサイコロ化したらどうだろう。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.