デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


フェティッシュの日曜日
 
光る書初め

光るZくんができるまで
なんか困ってる顔に。
目の位置がめちゃくちゃだ
輪郭が小さすぎなんだよな。
間違えてフラッシュをたいた。
けっこういいけど、Zが逆。
ん、かなり近づいてきたか

どうでしょう。これで。


セルフタイマーでシャッターを押してはレンズの前に走る。撮影しては再生して確認。冗談で言ったシャドーボクシングだが本当に息が切れてきた。

写真を確認せずとも、「今回は結構いけるかも」という感覚をつかめるようになった。で、左のような写真がとれた。まあこんな感じでいいのではないでしょうか。

新年からまた不必要なスキルを身につけてしまったな、と思いつつも書初めに挑戦します。

文字なんて余裕でかけるぜ。


あ、「シ」が逆だ。

かきぞめ

最初に絵で練習したせいか、文字は簡単だ。鏡文字だってさくさくかける。

ことしもヨロシク。

カタカナの「シ」の鏡文字が難しい。そういえば中学時代のクラスメイトで「リ」と「ソ」と「ン」の区別つかないやつがいて、彼が「ガソリン」と書くと「ガリリリ」になっていたっけ。そんな石川も32歳(あっさり本名を出すが)。

僕は「シ」はあきらめて「ピ」にしたよ。お前もそうすればよかったのに。「リ」と「ソ」と「ン」を避ける人生。

石川、実家の酒屋、継いだか?

最近知ったんだけど、お前んちの前の公園、有名なハッテンバなんだってさ。

そういえば思い当たるふし、あったよなあ。

LEDを振り回しながら想いはあちこちに飛び回る。でもいまは間違いなく2004年のお正月だ。

 

いいや、「ピ」で。

いろんなことを思い出している(暗視モードで撮影)。

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.