デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ひらめきの月曜日
 
久しぶりのたこあげ

とりあえず、生
 
包んで腰へ

まずは馬肉とふれあう

馬肉ゲットでいよいよ製作に着手する。

馬肉を食べるのは実ははじめて。桜肉と言われるだけあって、確かに赤い。

「B」にしろ一応馬刺として売られていたからにはとりあえず刺身で試食する。調理する前の素材を生で試食とは、なんかプロっぽいぞ!

しかし、味の方は……。これが「B」たるゆえんか、ちょっと血なまぐさい感じ。食感も筋張っている。これなら、昔の人が馬の鞍につけて叩いてみようとする気持ちも分かる。

自らが馬となる

馬を持ち合わせていない私はとりあえず、自分の腰につけてみることにした。ラップで厳重にくるんで装着。

しばらくこのまま、普通にに生活をしてみる。これで知らぬ間に肉が柔らかくなっていくなんて、なんてお得。古来の一石二鳥精神を今、受け継ぐ。

掃除をしても、腰に肉、洗濯をしても腰に肉、子守をしても腰に肉。 どんなに家事が面倒でも、腰に付けた肉が軟らかくなることを思えば楽なものだ。

掃除 洗濯 子守

ハイヨー!
 
段差!

自転車に馬になってもらう

家事をしていると、歩くたびに肉が叩かれる。叩いてる、叩いてる。へへへ、だんだん柔らかくなっているぞ。

もっとおいしいハンバーグを作るべく、今度は自転車に乗って走り回ることにした。自転車を馬と見立てる寸法だ。

とりあえず近所をぐるぐる意味無く走り回る。いつもは避けるうっとおしい段差も、その度に叩かれる肉を思えば今日はウェルカムだ。 わざわざ段差のあるところを選んで走る。大草原を駆け抜ける馬乗り気分で。

よーし、走れ馬、そして柔らかくなっていけ、肉!

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.