デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


エキサイティング火曜日
鳥の鳴き声をソラミミしてみる
 
聞きなすだけのために

おお、いかにも野鳥観察という感じ

VTR、回転

重装備で

集音マイクとヘッドホンを装着して園内をまわる。歩きながら、鳥が鳴いたと思うやその方向にマイクを向ける。

しかしなかなか思うようにいい鳴き声をとれない。「ギャーギャーギャー」「キュッキュッキュッ」「チッチチチチチチチ」など、短い声ばかり。

「これじゃ擬音にしか聞こえませんねえー」とぼやいたら、
「いや、ちゃんと聞きなしてくださいっ」
と、同行した担当の林さんに怒られた。
 

方針転換・追わずに待つ

観察小屋に入り、壁の隙間から水鳥を観察。ここで、方針転換することに。マイクを固定して10分ほど録音機をまわしっぱなしにする。

こちらから追わずに、じっと音を待つことにしたのだ。

それにしても、水鳥の群れを観察していると面白い。どこかから1羽が水辺に帰ってくると、周囲の鳥達が口々に「ワァー、ワァー」と鳴いて、それが「おかえりー」や「もうちょっと静かにしなさいよ!」と言ってるように聞こえる。水鳥にも社会があるんだなあと実感する。

しかしなかなか目立った鳴き声を立てない。そもそも、見た目の観察は今回は重要じゃない。

そこで、目を閉じてしばらく、あたりの音に耳を澄ましてみた。

すると・・・。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.