デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


エキサイティング火曜日
デパートの屋上は今、どうなっているか

不安になるほど看板がでかい 新宿・小田急百貨店

落ち着くのう
いつも見ている温度表示看板の下は、こうなっているのだ

あと3階分高い建物の上に…

神社がぽつんと。たぶんほとんど訪れる人もいない
ミキハウスなどの子供用品のコーナーを突っ切ると屋上だ。よって、どういうお客さんが想定されているかわかる。でも、オーガニックな感じのカフェもあって、けっこうこぎれいにしている。
 
ベランダにおいてあるようなネコ足の装飾イスで、おじさまが一人休息しているのはかわいかった。
 
遊具で子供らがはしゃぎ、親はまわりで写真撮ったり、ベンチで見守ったりしている。でも見上げるとそこには「ダイキン」の気温表示付き看板。不安になるようなでかさの看板の下、親子はたまに鳩に襲われそうになりながら過ごしていた。
 
ふと後ろを振り返ると、あと3階分ほど高い部分があり、その上も何か茂っている。
 
上がってみると「なだ万濱館」や「気軽なフランス料理 銀座清月堂」などたいへんな店しかないフロアから、もう一つの屋上に出られるようになっていた。法事か慶事のフォーマルな集まりの中を抜け、おどおどと外に出たら・・・神社が。「なだ万」のお客に注視されつつ、神社を撮影してそそくさと去る。

 

  △ デパオクいちらん 次のデパオク >

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.