デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


フェティッシュの月曜日
潜入・キンボール体験講習会


6.jpg (14132 バイト)
キンボール鬼ごっこ


7.jpg (16890 バイト)
キンボール送り

キンボール・ファーストコンタクト

体もほぐれたところで、いよいよキンボール実践編だ。午前中は本式ルールでキンボールを行うのではなく、リードアップゲームというキンボールを使った簡単なゲームを行うプログラムだ。

まずはキンボールを使った鬼ごっこ。ボールを当てられると鬼になるというわかりやすいルールでキンボールに親しもうというゲーム。

普通なら見ず知らずの大人が集まって、鬼ごっこをしろと言われてもうまくいかないだろうが、そこはキンボールの魔力。でかい玉に追われるというプリミティブな喜びにみんな笑顔で逃げ回る。

いや、ほんとは鬼になりたかったのだが、なんだかうまく逃げ延びてしまった。

結局キンボールにはさわれずじまいでくやしい思いをしているところで、次のゲームはキンボール送り。運動会の大玉送りと似た要領で、キンボールをどんどん流していく。

ついに私のところにもキンボールがやってきた。

ごろごろごろごろーっ。おおー。

キンボールはあんなに大きいのに思っていたより軽い。適度に固い弾力もあって心地よい。別にくさかったりはしない。


8.jpg (15341 バイト)
キンボールバレー


9.jpg (17391 バイト)
キンボールバレーを振り返って

スーパーマリオ気分

次はキンボールバレーとでも呼べばよいだろうか。みんなで手をつないで輪をつくり、落とさないようにキンボールをはじき上げるゲームだ。手を使ってはいけないところがバレーボールでやるときは違う。

何度かはじき上げるうちに、私のところにもキンボールがやってきた。ちょうど頭のあたりだ。どりゃ!

 ぽいーん

キンボールは大きい割に軽いので、頭でグッと押し返すだけで勢いよくはじき返されていく。普通あり得ない感覚。そういう感動。

気がつけば老いも若きもキンボールを蹴ったり頭突きしたり。

「そっちいったぞ!」「がんばれ!落とすな!」キンボールを囲んでみんなの心がひとつになる瞬間。もうこれは夢じゃない。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.