デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


はっけんの水曜日
カレー健康法

カレー最終日

朝は豆カレーを作って食べ、昼は事前に買っておいた、韓国のカレーを食べることにした。



韓国のカレーは辛くないという噂をきいて、実際食べてみたくなったのだ。



味は……確かに、そんなに辛くはなかった。
でも、ククレカレーの甘口レベルであった。カレーの王子様ほどではなかった。

夜、最後には、シーフードカレーを作ることにした。

以前は「シーフードカレーって意味ないよなー、だってカレールーに味が負けちゃうじゃん!」と思っていたのだが、この「素材の味を生かす」スパイス調合方式だと、きっと美味しいと思ったのだ。

魚は何でもいいらしいのだが、今回は近所のスーパーで半額になっていた「マグロの切り落とし」を使うことにした。


● 魚カレー
魚 300グラム
玉ねぎ 1こ
にんにく 1かけ
トマト水煮 1こ
ターメリック 小さじ1
チリパウダー 小さじ1
黒こしょう 少々
ココナツミルク1カップ
鷹のツメ 2本
マスタードシード 少々
月桂樹 1まい
塩 適量
鍋に油をしき、鷹のツメ、マスタードシード、月桂樹を入れる。玉ねぎのみじん切りを入れて炒める。おろしたにんにく、トマト水煮を入れてさらに炒め、水100ccを入れる。ターメリック、チリパウダー、黒こしょう、ココナツミルクを入れて10分火にかける。魚を入れて、火が通るまで煮る。塩で味をととのえる。

味はまあ……まあまあであった。
入手が難しいスパイスは省略してしまっているせいだろうか、なにか物足りない気がした。チキンカレーは上手くいったんだけれど……。

 

そんなわけで、私のカレー10食チャレンジは終了した。

結果、

まともな便通はなかった(でもその後、下剤を飲んだら、良い便が出た。整腸の効果は、多少あったようだ)
顔に大人ニキビが少々出た。毒素が出たのか、スパイスの刺激が悪かったのか、分からない。


ああ、カレー実験、正直言って失敗だったなあ、と思いながらメールチェックしたら、ニフティ林さんから
「今日はすっげえいいウンコが出ました! きっと豆カレーのせいです!」
というメールがきていた。
くやしい。何だか分からないけどくやしいー!

結論:個人差があるので、大きな期待はしてはいけない。でも効く人には効くみたい。

興味のある方、お試しください。




▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.