デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


はっけんの水曜日
カレー健康法

カレー2日目

朝は豆カレーの残りに塩を大目にふって、ごはんにかけて食べた。
前日はサラダっぽく豆だけを食べたけれど、ごはんにかけるとさらにおいしい。豆とめしが、こんなに合うなんて!ソイ丼というやつだ。

昼。カレーを作る時間がなかったので、無印良品で買っておいた「三種の豆カレー」をあたためることにした。



……しょっからく感じた。日本のカレーは味が濃いんだな、と再認識した。

インドでのスパイスは、日本でいう「しょうゆやみりん」なのかもしれない。カレーを「スパイスを調合して作る」か、「カレールーで作る」かの違いは「めんつゆを、ダシとって、自分で作る」か、「めんつゆの素を薄めて作る」かの違いみたいなものなんじゃないだろうか。
そう考えると、味の組み立て方法がなんとなくわかってくる(ような気がする)。

北インドのカレーは、濃厚な関東風。南インドのカレーは、素材の味を生かしたアッサリの関西風。そうに違いない。間違ってるかもしれないけど。

夕刻、A子から「すばらしい便通があった、きっと豆カレーのせい。ありがとう!」とメールをもらった。
なぜか、くやしかった。私は10年以上、下剤を飲まないと便通がないという強力な腸の持ち主なので、そう簡単にお通じへの扉が開かない。もちろんカレー実験開始から、下剤は飲むのをストップしていた。

夜は野菜カレーを作ることにした。


● 野菜のカレー
玉ねぎ 1こ
じゃがいも 1こ
にんじん 1本
いんげん 100グラムくらい
トマト水煮 1こ
マスタードシード 少々
鷹のツメ 2本
月桂樹 1まい
チリパウダー 小さじ1
ターメリック 小さじ1
ココナツミルク 1カップ
塩 適量
鍋に油をひき、マスタードシード、鷹のツメ、月桂樹を入れる。みじん切りにした玉ねぎを加え炒める。次にひとくち大に切った各野菜も入れ炒める。水を1カップ入れてジャガイモが煮えるまで火を通す。チリパウダー、ターメリック、ココナツミルクを足して塩を加え、味をととのえる。

昨日は鶏肉の力で誤魔化せたが、さすが野菜、スパイスの味が全面に出るので、味がごまかしきれない。塩かげん、スパイスかげんの微妙な差が大切なわけだ。
で、味は……まあまあであった。
ココナツミルクを入れると、マイルドになっていろんなアラが誤魔化されるなあ、と思った。今後、失敗したカレーにはココナツミルクをぶちこもうと決心する。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.