デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


リンクの火曜日
 
夏のプチ事故対策リンク

きょうから7月!夏!開放的な季節!そして思わぬ事故………。夏休みの夜にかかってくる電話連絡網。緊急保護者会………。

いや!そんなことにならないように、夏にありがちなケガや病気の対策をまとめました。これでアンラッキーとはおさらば。この夏の主役はいただきよ。 (text by 林雄司


知ろう!防ごう!食中毒

食中毒

食べ過ぎておなかが痛くなるのと、食中毒って違うの?調べたらやっぱり違いました。細菌が引き起こすのが食中毒。下痢だけじゃなくて、発熱、嘔吐の症状があってただのハライタとはやっぱり別格。すぐに病院へ!

知ろう!防ごう!食中毒(社団法人日本食品衛生協会)
https://www.jfha.or.jp/saikin/
知ることが予防の第一歩。基本すね。

食中毒・食品監視関連情報(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/index.html
発生状況の速報データがあります。原因で見ると貝がトップ。うまいのに。

避けたい食べ合わせ(セルフドクターネット)
https://www.selfdoctor.net/nurse/2001_09/nurse02.html

カニとかき氷。おなかをこわさなくてもそんな食べ方するやつは許さん。


虫刺され

■虫刺され

調べていたら蚊に刺されたときのオリジナルの対処法を書いた個人ページがたくさん見つかりました。塩を塗るとか、熱くするとか、冷やすとか(どっちなんだ?)。どれが正しいのかわからないのでリンクしません。信頼できそうなページを選びました。

虫刺され(全国生活協同組合連合会)
https://www.kyosai-cc.or.jp/health/tpc/k_news/05/kenkou05.html
カ・ブヨ・アブ・ダニ・ツツガムシ。人間をさす虫たちはロク名前をつけられていません。

生物による刺咬傷(EMS中村のホームページ)
https://www.ems-nakamura.com/seibutu/seibutu-mokuzi.htm
現役の救急隊員のホームページ。エイから犬まで、あらゆるものに刺された・かまれたときの対策が書いてあります。どれもすごく痛そうです。

虫による皮膚障害について教えて下さい(帯広医師会)
https://www.tokachi.co.jp/obi-doc/byouki/hifu/hifu-1.htm
ホームページの最後に書いてある「O型の人が刺されやすい」というのが興味深い。


熱中症の処置

■熱中症

20年ぐらい前までは日射病と呼んでいたような気がするんだけど、と思って調べたら、日射病、熱射病を含めて、気温の高さが引き起こす症状をまとめて熱中症というそうです。なんだ。そうだったのか。

熱中症とは(CramerJapan)
https://www.cramer.co.jp/care/heat_illness.html
運動中の水分補給の量が書いてある。15〜20分おきに150ml〜300ml。

熱中症の処置(CramerJapan)
https://www.cramer.co.jp/care/heat_illness_care.html
チャート形式でどうすればわかる。便利!でもできれば使いたくない。

日射病と熱射病の違い(鹿児島県医師会)
https://www.kagoshima.med.or.jp/people/first/first15.htm
「日射病は心臓がから打ちしてしまう状態」とのこと。おお。それはまずい。

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.