デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

2月のテーマ:愛


はっけんの水曜日
ネコだまりを訪ねて


ネコはり紙。

どうする? 食う?

水を飲んでらっしゃる。

じろじろ見ないでよ……。

神社の境内で

T区、K神社の境内にも、ネコがたくさんいると聞いてやってきた。

神社の入り口には、
「猫にえさをあげる方は、後始末をきちんとして下さい」とのはり紙があった。つまり、猫の存在そのものは、認めてるということだ。

静かな境内の中に入ると………いた。売店のそばに、シマブチネコたちが3匹、ぼうっと座っていた。

売店は、店じまいのまっ最中だった。雨戸がガタガタと閉められる。
ネコはそわそわしていた。
戸を閉めると、店主は奥のほうからネコのゴハンを、皿4つに盛ってきて、置いた。
ネコは一斉にかけよる。
しかし、匂いをくんくんとかぎ、かぐだけかいで、口をつけようとはしない。
「ぜいたく言うんじゃないよ。それしかやんないよっ」
店主はそういって、帰ってしまった。

皿を前に、お互いの顔を見合わせるネコたち。

マイペースなネコたち

近寄って見てみると、エサの種類は4種類もあった。それぞれの皿に、別のキャットフード。
ネコは同じキャットフードを与え続けると、急に食べなくなる時がある。店主も充分、気をつかっていたのだ。

でもネコは食べない。

私はネコに話しかけてみた。
「あの……ゴハン食べないくらいだから、このジャーキー………要らないっすよね?」
ネコは一度匂いをかぎ、なめたが、やはり食べなかった。不評。

しばらく眺めていた。
ネコたちは、愛想をふりまかず、かといって逃げることもせず、ウンチしたり木で爪をといだり、バケツの水を飲んだりして、マイペースに適当に過ごしていた。

しばらくして、
「まあいいか、このゴハンでも、仕方ないよなー」
という感じで、1匹がゴハンを食べはじめた。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.