デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

11月のテーマ:冬

11月のテーマ:冬
芋煮会をやってみよう



写真
いも煮完成!


写真
間違っていく鍋。


写真
春菊とソーセージ。なんだこりゃ。

いも煮完成?

煮えるまでしばし待つ。ぐつぐつぐつ……ガサガサガサ……木立の中、鍋の煮える音と、枯れ葉をふむハトの足音が聞こえる。
鍋のフタを見つめる私たち。
鍋のフタに、はらりと黄色い葉が落ちる。

ハトはいいけど、鍋をカラスに襲われたら嫌だなあ、と思いながらフタを開けた。もわあっ。いい匂い。
紙のお椀にサーブする。

イモと汁と具から、白い湯気が立ちのぼる。醤油とお肉の匂いがする。
思いきって一口。

はむ。ずずずー。

……あ、けっこう美味しい。
「けっこう美味しいですよ!」
と、林さんも言った。
醤油と日本酒しか入れてないのに、ちゃんと汁ものになっている。
よかったよかった、と思ってビールを開けて飲んでいると、友人たちがやって来た。

なぜかソーセージ

来た友達も、いも煮未経験者ばかりだった。皆の感想も「けっこう美味しい」であった。
「けっこう」か。一応成功と考えていいんだろうか。

人数が増え、時間がたつごとに、白菜、シイタケ、しめじ、ウズラの卵入り揚げボールなど、違う材料を足していった。「いも煮」からどんどん違うものになっていく。「まあ、一回いも煮は完成したんだし……いいか」と思って、そのまま変化させてみた。
「これ入れましょう!」ついに林さんがソーセージを投入。
煮えた春菊とソーセージを食べてみたら、ポトフっぽい味わいがした。



< もどる ▽この特集のトップへ つぎへ >

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.