デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ




秋の潮干狩りイン東京


一度目の熊手投入であっさり発見。

アサリ発見、でも小さい………。

こんなにとれました。

熊手投入

しゃがんでから考えた。……どうやって掘るんだっけ? 
よく考えたら、潮干狩りは、3才くらいの時にやったのが最後だ。
3才のときの記憶をたどってみた。パンツのおしり部分が濡れて、気持ち悪かったことだけ思い出した。
今日はおしりは濡らさないように気をつけよう。そう思いながら、やみくもに、熊手をざっくり投入。

ごつっ。感触があった。

あ、あった………。

あまりにもアッサリ捕れたので、拍子ぬけする。でも、この模様はアサリじゃない。シオフキだ。
アサリはいないのか、と思ってさらに掘り続ける。
熊手でひとかきすると、2、3コはひっかかる。でもシオフキしかいない。もう、どこを掘ってもシオフキだらけだ。
シオフキ、シオフキ、たまにバカ貝、さらにシオフキ、シオフキ、ときどきバカ貝。シオフキとバカ貝しかいない。とりあえず獲物をアミに入れる。

30分ほど掘っていると、やっとアサリに出くわした。でも、ものすごく小さい。スーパーで売ってるシジミより小さい。こりゃしょうがないな、とキャッチ&リリースした。大きくなれよ。

 

シオフキ大漁

むちゅうになってるうちに、シオフキを大量に捕ってしまった。2〜3キロはあった。
ずっしり重いシオフキを海水に浸して、自宅に持って帰った。
……あれ、シオフキって食べられるんだっけ? 


▲トップに戻る 特集記事いちらんへ



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.