デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

コネタ


コネタ166
 
学校の制服とジェラートを売る店


多岐に渡るコネタの内容。先日それを振り返る特集が組まれた(9月10日特集「コネタを振り返って」)。

大量のネタが振り返られるなか、たった1つ、共通して取材対象になっているものがあることが判明した。アイスを売る場所である。どうやら、アイスというものは妙な場所で売られがちなようだ。

・靴屋さん: 靴と航空券とアイスを売る店
・電気屋さん :おいしいアイスは電気屋さんで
・秋田の路上 :秋田名物「ババヘラ」のこの頃
・沖縄の路上 :時給350円のアルバイトは本当か

そして今回、その伝説のあらたな地平を切り開く物件を発見。今度はなんと、制服屋さんです。

古賀 及子

まずはその状態をご覧下さい

現場は当デイリーポータルZでも巣鴨商店街に次いで取材敢行の多い場所である武蔵小山商店街。ジェラートを手にぶらぶら買い物する人とよくすれ違うので、下町の素朴な商店街だけにそんなシャレたものどこで売ってるのだろうと気になっていた。

さて、商店街の中腹に、このあたりの中学校の制服をオフィシャルに扱う「タケヤ」がある。


地元商店街のかおりの立ちこめる店内

ネクタイ無くしちゃったり、スカートの丈が合わなくなっちゃったりしたとき、親に言われてしぶしぶ行く、そんな雰囲気のある、確かに学生服取扱店。

人々が手にするジェラートは、なんとこの制服店タケヤで売られていた。


ジェラートのケース、どーん

ケースの脇には簡易イスが3脚あって、ジェラートを買った人が気軽に腰掛けて食べている。制服屋でジェラートのイートインが可能。

どうなんだろう、そうれは。喫茶店のすみで洋服を売ってるのだったら想像できるが、これはその真逆、しかも一緒に売っているのは中学生の制服だ。

勢いで言ってしまえば、メイド喫茶も凌駕している。


見上げれば間違いなく学生服屋の看板
でもその下ではダブル\350


一体どんな事情が

なんでまたこんなことに。まるっきり混乱しつつ、次々押し寄せるジェラートのお客さんの間をかいくぐりながら事情を聞いてみた。

このタケヤさん、隣の店舗も同じ一族で経営していてジェラートは以前隣の店舗がレストランだった時代に始めたのだそう。

以前はこっちで食べ物屋をやっていた

事情でレストランをやめて洋服屋に店舗を貸すことになった後も、せっかくジェラートを作る設備はあるのだから(こちらのジェラートは全て自宅で手作り)と制服屋の脇でジェラートだけ続けることにしたのだという。

そもそもレストランと制服屋さんの経営母体が同じというところからミラクルは始まったのだ。



ジェラートは超本格派

そんな手作りのジェラートは相当に気合いの入ったものだった。素材重視でシングル\280、ダブル\350ではなかなか採算が合わないという。常時20種類ぐらいを出しているそう。私は豆乳とメロンをいただいてみます。


隙間にゴマとミルク味もサービスしてもらった

わー!なんだこのメロン感。メロンを凍らせてそのまま滑らかにしたみたいですよ。豆乳もマメっぽさを残しつつクリーミー! 温泉グルメ旅番組みたいな言い方になってますが、とにかく上品で美味しい。

「これも食べて食べてー、すごく美味しいから」
ジェラート担当の竹内さんは常時20種類はあるというメニューを次々に試食させてくれた。


タケヤ制服店、ジェラート担当竹内さん

パイナップル味やぶどう味、レモン味など果物系は本当にまんま果物の味。チョコレートやバニラは濃厚で大人な感じ。なお、タレントのカイヤさんが来たときは豆乳味とカスピ海ヨーグルト味を大絶賛したそうです。



さらに美容法も指導中

「美味しいジェラートを食べてもらうとお客さんが喜んでくれるでしょ。それが嬉しくてしょうがないんです。ジェラートにも健康的なメニューを増やして、体にも喜んでもらいたいですよね」

という竹内さん。なるほどねえ、と感心しきりの私に、そうだ!と続けた。

「ねえ、O脚とかで悩んでない?」
「え? あ…そうですねえ、結構O脚ぎみですねえ」
「O脚は後ろ歩き10歩を毎日繰り返すと治るわよ」

唐突なようだが、気さくな竹内さんは、とにかくお客さんに喜んでもらいたい一心で、お客さんに自分が成功した健康法や美容法を教えたりもしているのだそうだ。さらにバストアップの運動(写真参照)までご伝授くださった。


「この体勢から腕をゆるめる。これを繰り返すとバストアップするわよ!」

制服そっちのけでジェラートを食べ体操を習う。ちぐはぐ感にすっかりウットリしてしまった私だ。制服を買いに来た中学生だったら間違いなく目的を見失ってます。



ケーキとマドレーヌもやってます

さらに畳みかけるように竹内さんが言うには、なんとここ、ケーキも売っているという。


デコレーションケーキ、承り中

レストラン時代にはショウケースに入れて売っていたそうだが、今はスペースの関係上予約制なんだそうだ。クリスマスシーズンだけ、作り売りもする。さらに裏メニューとしてマドレーヌも時々店頭に現れるんだそうだ。

ジェラートを売り、美容法を教えてくれる制服屋のマドレーヌ。お土産なんかにしたら小一時間場が持ちそうです。




学生服 タケヤ
  03−3781−8850
  東京都品川区荏原3丁目3−20
  11:00〜20:00 火曜定休
  (ジェラートは11:30ごろから)

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.