デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

コネタ


コネタ158
 
8時間限定コネタハンティング

イメージ写真


困った。困った困った。
そんな急に言われてコネタなんかできないよ。
もう時間がない。あー、なんでこんな事になってしまったのだろう? すべてのはじまりは昨日の酒場だった。

9月24日、金曜 深夜 新宿の某酒場にて。

その日、僕は当サイトの月曜ライターの古賀さんと隔週土曜ライターの乙幡さんと楽しく飲んでいた。楽しい週末はゆったりと過ぎていく。と、そこにウェブマスター林さんも合流。しかし何か様子がヘンだ。何か不穏な空気を感じる。僕が酒に弱いことを知ってか普段はあまり酒を勧めてこない林さんが妙にお酒を勧めてく、なんかヘンだ。
林「まあまあ、梅田君、もっと飲みなよ」
梅田「あ、ありがとうございます」
林「もっともっと。ほらほら」
すっかり顔も真っ赤になって、なんだかハッピーな気分になっているところに、林さんの一言。それが運命を左右する一言になろうとは、このときは思ってもみなかった。(梅田カズヒコ


新宿の飲み屋のひとコマ。
上下関係がよくにじみ出ている。

翌朝の寝起き。楽しい週末が一転。なんで安請け合いしてしまったんだろう。ほんのり頭が重いのは酒か精神的なプレッシャーか。

おもちゃのまるみ。おもしろ……くはない。コネタ……でもない。違うなー。

酒場の顛末

林さんのひとことはこうだった。
林「実は日曜のコネタ、手違いで穴が開いちゃって」
梅田「あ、そうなんですか。日曜って明後日じゃないですか。大丈夫ですか?」
林「大丈夫じゃないんだよ。誰かやりません?」
(古賀・乙幡・梅田、顔を見合わせる)
古賀「んー」
乙幡「どうしようかな」
梅田「へへへー(酔ってる)」
林「別に誰でもいいんですけどね」
古賀「私どっちでもいいですよ」
乙幡「あ、ネタならありますよ」
梅田「じゃあ僕やります!(やけくそ)」
古賀・乙幡「あ、じゃあどうぞどうぞ」
林「さすが梅田君。まあまあもう一杯…」

ダチョウ倶楽部の竜ちゃんが熱湯風呂に入るようなノリで僕がやる事に決定。その場は気分よく過ごした。あー、酒って怖い。

で、後悔の翌朝

深夜3時過ぎに帰宅。次の日(土曜日)起きたらもうお昼過ぎだった。日曜夕方4時更新って事はあれだ、もう今日中にネタを決めて写真に収めて原稿を書いとかないとかないといけないんだ。どうしよう。とりあえずTELだTEL。

梅田「コネタ。ネタなんてそんな急に言われてもないですよ」
林「とりあえず自転車で街をウロチョロしたらなんか見つかるんじゃない? おもしろ看板とか」
梅田「……」
林「あ、ところで梅田君今日の○○さんのイベント行く? いいバンドが出るんですよ……」

もういい。

自転車にまたがりとりあえず近所からあまり普段行かない方面に向けて自転車をこぐ。なんかいいコネタないかなー。

以降は脳内での編集作業です。一緒にボツボツいいながらお楽しみください。

 




バルサンを大量に売るお店がある。(仮)

バルサンを大量に売るお店発見。

バルサンってウィンドウショッピングするものなのか?
さまざまな種類のバルサンが!

ボツ!

理由:そもそもバルサンが通常どのくらいの量売られているかわからないから。ていうかこんな感じで俺大丈夫か? かなりコネタからずれてる。この調子じゃ本気でネタなんて見つからないぞ、ピンチ。




恐怖! ゴリラに乗っ取られているビル。(仮) 


ゴリラに思いっきり乗っ取られているビル発見。かなりディティールにこだわったゴリラだ。
ゴリラの左手付近の黄色い垂れ幕がねじれてしまっているのに注目! おそらくゴリラが暴れてああなってしまったんでしょう。これが演出だとしたらかなりやり手だ。
でも、実は心の優しいゴリラ。女の子を救っていたのです。白黒映画のキングコングのパロディだと思います。ということはこれはゴリラではなく、キングコング?


ボツ!

理由:なんとかなりそうな気もしなくはない。タイトルはちょっと面白い。でもこれ以上広がりそうにないなー。だめだ。




貧相なチケット屋。(仮) 


このチケット屋、明らかにプレハブだよね。
と思ったら工事中だった。仮営業ですか。

ボツ!

理由:書いてる自分が悲しくなるほど、このうえなく最低な、くだらないオチだから。


『家』。(仮) 


無駄の一切ない看板です。男らしい。コピーとは何かを考えさせられる看板ですね。

ボツ!

今日のみどころ。16時更新のコネタは、『家』。

で、クリックしたら左の写真とコメントがあるだけ。デイリーだって、休みたいときがあるんです。

 




当て字コレクション。(仮)


ちょっと見づらいですが、亜細亜(アジア)の亜に吐く夢と書いて亜吐夢(アトム)。哀しい川を翔ぶと書いて哀川翔、それは関係ない。

ボツ!

理由:コレクションなのに、ひとつしかないから。コレクション系って簡単そうに見えて時間かかるのな。


生きてるコーヒー。やばい、なんだかコネタというより1000円あげるから。になってますね。

やばい、このままじゃコネタが見つからない。

だめだ。このままだらだらと自転車でながしてるだけじゃ何も見つかりそうにない。コネタ始まって以来初の"コネタ・休み"ってことも考えられる。それだけは避けたい。どうにかならないものか。と、ある事を思い出した。

そうだ、あれだったらこの状況を回避できるかもしれない。

と、いうわけで自転車を置き一路地下鉄で新橋へと移動。果たして土壇場に来て何を思いついたんでしょうか……。




追い詰められた梅田カズヒコ、最後の秘策にでる。



目的地へ着きました。和菓子屋、新正堂です。
実はここは忠臣蔵ゆかりの地なんです。なんとあの『浅野内匠頭』(知らない人は両親に聞いたりしてね)が切腹した場所なんだそうです。
そんなわけで忠臣蔵グッズが店内に並ぶ。で、ここの人気商品といえば……
切腹最中(せっぷくもなか)っていう最中があるんですよ。ちょっとこわ面白い名前の最中。
切腹最中、こんな感じです。
買って帰ってきました。

何がしたかったというと…


拙者、梅田カズヒコ、たいしたネタが思いつきませんでしたので、切腹! なんとかこの切腹最中に免じて、ごめんなさい。

(完)

新正堂の店長 渡辺さん

新正堂

東京都港区新橋4−27−2
(TEL)03−3431−2512
AM9:00〜PM8:00(月曜〜金曜)
AM9:00〜PM5:00(土曜) 日曜・祝祭は休み。

https://www.e-monaka.com/
(オンラインショッピングも可)

実は昨日(土曜日)新正堂の営業は夕方5時まで。僕が新橋に着いたのは6時過ぎ。なのに電話で無理をお願いして中に入らせてもらいました。気さくな店長の居るいい店ですよ。ぜひ一度。謝りたい人が居る場合ここで『切腹最中』を買って謝りに行ってはどうですか? 彼女も、取引先の上司も、場合によっては許してくれるかもしれません。

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.