デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

コネタ


コネタ102
 
1つの歩道橋に1丁目と2丁目と3丁目がある
上町歩道橋
国道世田谷通りは世田谷3丁目というY字路で新道と旧道に分かれるが、そこに上町歩道橋という大きな歩道橋がある。新旧2つの世田谷通りを跨ぐ様にして架かるその歩道橋には、世田谷1丁目と世田谷2丁目と世田谷3丁目がある。

住 正徳

3つに分かれる上町歩道橋
3つの住所表示が1つの歩道橋に

向かって左側が世田谷1丁目、中央が世田谷2丁目、右側が世田谷3丁目。

1丁目は世田谷通りの新道に面していて、中洲の様になっている2丁目にはUFJ銀行とコインパーキングあって、旧世田谷通りを挟んで右側が3丁目になり、そこには世田谷線の上町駅がある。

実際に歩道橋に登ってみると、1丁目、2丁目、3丁目、それぞれの住所に降りれる階段がある。とりあえず、全部の階段を下ってみた。

1丁目へ下る
2丁目へ
3丁目へ
1丁目に降りて電柱を見れば「世田谷1丁目」と書いてあり、2丁目に降りれば「世田谷2丁目」と表示されていて、3丁目も当然「世田谷3丁目」。

「ん? このネタはどうなんだ?」

はじめてこの歩道橋を見つけた時、「何か凄い」って思った。

でも、どうだろう。こうして目の当りにしてみると、ただの歩道橋だ。色々な角度で写真を撮れば撮るほど、「何をやってるんだろう」と思えてくる。

3丁目から1丁目方面を望む
2丁目の階段下から歩道橋を見上げる
2丁目と3丁目の境目
今度は1丁目から3丁目方面を望む
3丁目のおばさん
2丁目に入ったおばさん
そして1丁目へ
2丁目から3丁目に向かうおばさまたち

実はそれほど珍しくないんじゃないのか? 不安になったきたので世田谷区役所に電話してみた。
「上町歩道橋について聞きたいのですが……」

いくつかの窓口に回され、最後に辿りついた土木課指導係の人から上町歩道橋は東京都の管轄だから東京都第7建設事務所という所で聞いて下さい、と言われる。そこでは歩道橋の設置計画や維持管理を行っているらしい。

気を取り直して第7建設事務所に電話をかける。

住「上町歩道橋についてお話を伺いたいのですが」
第7建設事務所「どういった話でしょうか?」
電話口の男性は恐らくそれほど若くなく、口調は冷たい。

住「上町歩道橋って、1丁目から3丁目まであるじゃないですか」
第7「そうでしたか? で、それが何か?」

住「……いや、珍しいなあ、って思いまして」
第7「そうでしょうか?」
住「…………珍しくないですか?1つの歩道橋に3つの住所があるんですよ?」
第7「下の住所をそのまま歩道橋に表示しているだけですから。それがたまたま3つあったっていうだけだと思いますけど」
住「いや、ですから、そのたまたまが面白いなあと思いまして」
第7「ああ、それはありがとうございます」
住「いえ、どういたしまして」

駄目だ。このままじゃ埒が明かない。質問を変えよう。とにかくこの歩道橋が珍しい、っていう事実が欲しい。

住「こういう歩道橋って他にありますか?」
第7「調べた事がないので分りません」

もういいよ。

はじめてこの歩道橋を見た時、何か凄い!って思ったあの感動を信じて、今回のコネタとさせてもらいます。

以上、宜しくお願いいたします。

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.