デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

コネタ


コネタ099
 
大仏が動く!?ハイテク寺院の全貌

こんばんは。マクドナルドでフィッシュディッパー 6 個入りを買ったら、僕だけ 5 個しか入ってませんでした。梅田カズヒコです。

さあ、今週は昼と夜で向きが変わるというマジシャンもびっくりな大仏があるエキセントリックな寺院に行ってきます。いったいどんな風変わりな光景を拝めるのでしょう? よーし、テンションあがってきたー! 行くぞー!!

梅田カズヒコ

おおくら大仏 妙法寺
東京都世田谷区大蔵5−12−3
TEL 03 ( 3417 ) 8080
URL https://www.miyouhouji.or.jp/

 


お寺のわりに不可解なホームページじゃない?

そのお寺ホームページのトップにはいきなりこう書かれている。
しだれ桜 , 夜桜 , 日蓮宗,まわる大仏,大蔵大仏 , 墓地分譲,大蔵動物霊園 , 東京都世田谷区、大蔵大仏妙法寺

ちょっと待て! まわる大仏って何だ? 

詳しく調べてみると、昼(朝9時〜夕方5時)は本尊のお参り客の方を向いていて、夜(夕方5時〜翌朝9時)はちょうどお寺の裏側に通る世田谷通りの方を向いて交通安全や世界平和を祈念をしていると言う。つまり、この大仏は一日に2回、回るのだ!

なんだかファンキーで愛しやすそうなお寺だ。さっそく行ってみよう!


PM4:20 (大仏回転まであと40分)
うーん、いい眺め。
なるほど。こっちか。

さっそくご開帳!

どーん!
バスを降りるといきなりこんな風景が飛び込んできました。なんでしょう、このなんとも言えない高揚感は。ところで、大仏をはじめ、仏像ってなんか若干コミカルな感じがしません? そんな事感じてるの僕だけ?

時間は午後の 4 時半前。大仏がまわる時間は夕方の 5 時過ぎ。時間もぴったり!
このコネタはもらった! むふふ。そんな事を考えながらルンルン気分で中に入る事に。

で、どうやらこの妙法寺の入り口はグルッと回った裏側みたいです。
なるほど。こうやって遠回りしている間にこの世のありとあらゆる煩悩を解き放って…なのかはどうかわかりませんが、とにかく正門に到着しました。


 
正門です。
(※注 中華料理屋ではございません。)
 これがこのお寺の本尊ですね。
 
中は日本庭園風になってます。で、(→)  カエルさんも居ます。

本尊の中も撮らせてくれました。ありがたや。
PM4:40 (大仏回転まであと20分)
えー、なるほど。あー、勉強不足でした。
PM4:48 (大仏回転まであと12分)
あ、そうですか。お話のところ恐縮なんですが
だいぶつ…いえ、何もありません。
PM4:54 (大仏回転まであと6分)
そういや、大仏が…
あ、へー。日蓮さんってすごいっすね。尊敬します。
PM5:00 (大仏回転)
ここに描かれているのはすべて神なんだ。これはまあ国の政治と一緒でいろんな大臣が居て政治をまとめてるのと一緒で、いろんな役割の神様が居て、成り立ってるわけだな…
PM6:20 (大仏回転から1時間20分後)
あ、外は真っ暗だ。

まずは本尊に入ってみた。

とりあえず大仏が動くしくみを突き止めるために、また大仏が動く日暮れ時を待つために、お寺の本尊に行ってお参りし、お寺の方にお話を聞く事にしました。
さっそく中に入ってみると、お寺のおかみさんっぽい人が夕飯を支度中らしきにも関わらず快く出迎えてくれました。本尊も覗いていきますか? と聞かれたので、さっそくお言葉にあまえて本尊を覗く事に。

とりあえず線香をあげておこう。と思っているうちに私服を着たどうやら住職らしき人がやってきた。

住職 お寺とか興味あるんですか?
梅田 えー、もうお寺が大好きなんですよ。
写真撮るの好きなの?
あ、はい。
学生さん?
あ、まあそんなようなところです。

(よし、そろそろ大仏について聞かなくては。)

うちは日蓮宗だからね。君の家は何宗?
あ、何宗でしたかね。ちょっと忘れてしまいました。
自分の家の宗派ぐらい覚えてなきゃダメだよ。
すみません。
そもそも仏教というのはだね…

ここから住職らしき人のありがたい説法が始まった。なるほどなるほど。でですねー、あの、大仏…

そもそも極楽も地獄もどこにもないんだよ。
え、そうなんですか。
極楽も地獄も人々の心の中にあるんです。

非常にありがたいお話が続く。しかしもうすぐ回転の時間。が、いくらなんでもこのありがたい説法を振り切ってまで大仏を見に行くわけにはいかない。それに今日の僕は「お寺に異常なほど興味がある学生」なのだ。ここはそれとなく大仏の話を出し、「そう言えばもうすぐ回転する頃だ」と言ってもらい、「じゃあ見に行きたいです」って僕が言おう。よし、その作戦でいこう。

あ、そういやここ大きな大仏ありますよね。
あるよ。
回転するとか聞いたんですけど。
うん、そう。毎日回転してるよ。でね、日蓮は各宗派のお寺を巡ったんだ。それから各宗派のいろんないいところを見て自分なりの信仰の仕方を体得したんだな。
そ、そうなんですか。

あかん、ダメだ。

ひとつだけいい事教えてやるよ。立派な大人になりたかったら、まずは聞き上手になる事だ。まず聞く事。
はい。

も、もうダメだ。はい、おとなしく聞きます。コネタはもらったなんて言ってた頃が遠い過去のようだった。あー、どうしよう。
その後もインドに行ったお話。日蓮宗の大総本山のお話、日蓮が蒙古襲来を予言したお話。
次々とお話は続き、もう完全に日が暮れてしまいました。そして、最後にこの方は住職ではなく、ここで修行を兼ねて働いている方と知る事になる。 ※誤解を防ぐためここで書いておきますがこの方は非常に優しいお方で、ためになるお話をたくさんしてくれました。最初に目的をきっちり伝えてなかった僕の自業自得ですね。

しまった、これは次の日もう一回取材に来なきゃいけないな。

 

次の日…

夜型の僕が眠い目をこすりながら現地まで行く。何せ大仏が動くのは朝9時と夕方5時の一日にたった2回なんだ。次こそはチャンスを逃すわけにはいかない。
8時半に現場へ到着。20分ほど時間を缶ジュースを飲んで時間を潰し、8時50分、ベストポジションでカメラを構える。万全の体勢だ。

(2日目)AM8:50 (大仏回転まであと10分)
大仏前にがっちりスタンバイ。カメラのズームもOK! まるで一瞬のシャッターチャンスを待ち構える報道カメラマンのような心境です。
9 時ぴったりだ。一気にくるっと動くのか? 時間をかけて動くのか。何もかもわからぬままじっと大仏の動向を見守る。しかし何の変化もない。なんで? 時間は刻一刻と過ぎていく。 9 時 15 分くらいになって通りかかった人に聞いてみると、「もうそろそろ動くと思いますよ」との事。動いてくれよ。頼む。原稿の締め切り的にも、いっぱいいっぱいなんです。お願いします。神様仏様!! と、その時、神が(じゃなかった)、仏が僕に微笑んだのだ。
AM9:02
大仏さん、早く動いて。

AM9:22 AM9:23
ん? ちょっとさっきと様子が違う事ありません?
ん?
動いてる。動いてるよ!
AM9:24 AM9:25
あー、仏様〜。ありがたやー。 すげー。後でチェックするとこの間シャッター押しまくってました。
AM9:25 AM9:26
真横から見ると後ろに背負ってる“後光”って薄いなー。 徐々に全貌をあらわにする大仏。僕はもう、心の中でスタンディングオベーションしてました。

無事撮影成功!

6〜7分ほどの緩やかな回転を経て、大仏様は完全に向きを変えたのだった。いやー、2日越しのシーンに僕はなんだか感動しちゃいました。

 

  
AM9:28
約6,7分で完全に仏様はまわったのでした。

で、やっぱりどうやって動いてるのか気になりません?
なんと! 大仏の内部に入れちゃうわけですよ。

なんとここから大仏様の真下へ入れちゃうのです。 禁断の扉を開けると…
地下には大きな丸い柱があります。
これが回転する事によりあの大仏が動いてるんですね。
ちなみに、地下にも仏様がいらっしゃいます。



妙法寺リスペクト!

今回は動く大仏、まわる大仏にスポットをあててましたが、このおおくら大仏、妙法寺は350年ほどの歴史を誇る由緒正しきお寺です。でも、その歴史にとらわれる事なく「楽しい寺と認知していただけたら」(ホームページの文章参考)とおっしゃる住職の発言からも見て取れるように、本当に心温まるお寺でした。
残念ながら直接住職さんには会えませんでしたが、直接会ってお話させていただきたいものです。そして僕の相手をしてくださった方も、なんとありがたい話を聞かしていただいた後には「ちょうど俺も駅まで行かなきゃいけないんだ」と駅まで送ってくださいました。本当にいいお寺なので皆様もぜひ世田谷近辺にお越しの際は足を運んでみてください。




本日のおまけ

こんな看板見つけたんですけど。「1000円あげるから」に応募したらやっぱボツですかね? にしても何が危ないかはわからないけどとりあえず危なそうなのはかなり伝わってくる看板です。

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.