デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

コネタ


コネタ087
 
スライムを意のままに動かす
スライム。子供の頃、手あかで色が変わる程こねくりまわし、ちぎったりして、いつのまにか無くしてしまった物体。

形を留めないけれども液体ではない、びろびろと伸びたり切れたりするけれども、また一つにまとまる。
その感触に魅了された方も多いだろう。もちろん私もだ。

そのスライム、簡単に手作りできるらしい。しかも動くスライムが。

早速トライしてみました。

佐倉 美穂

砂鉄集めはビニールを被せた磁石で

執念の砂鉄集め

動く原理は、砂鉄をまぜたスライムを作り、それを磁石でひっぱるというもの。
そこで砂鉄を集めに、公園の砂場に行った。

…こんなに取れないものだったっけ。
砂にもぐらせた磁石についてくる砂鉄の少なさに少々もどかしさを感じながら、数十分しゃがみ込んで作業を続けた。

お盆の日中だからか、子供が誰も遊んでいない公園。
いるのは剣道の素振りをする青年と、砂場で磁石を手に黙々と砂鉄を集める私のみ。

二人が言葉を交わすことはなかった。

ホウ砂は薬局にあります
少量ずつ手早くまぜる

スライム作成

スライムの作り方は、洗濯糊(PVA)と水とホウ砂の飽和水溶液を同量まぜるだけ。
色を付けたい時は水に食紅や絵の具を、今回は砂鉄を入れる。

洗濯糊溶液にホウ砂溶液を入れて手早く撹拌すると、急にがっつりと手応えがでてきて、すぐにもちもちのスライム状になる。

さあ、遊ぶぞ

できたスライムに、25kgまで引っぱれるという強力磁石を近付けてみた。
びたんっ!!
という勢いで、スライムが宙に伸び、磁石に貼り付く。
あれ?もっと「にょ〜」という感じを想定していたのだけれど…。

磁石を近付けると
伸びる

その勢いは凄い。引き出しの隙間からでも伸びて行き、金網を乗り越えて磁石に近付こうとする。

静かだったスライムが
隙間もすり抜ける

これは、映画ターミネーター2に出てくる、金属色の流動体になる敵だ。
特にこの鉄格子を抜けて行く様子はそれを彷佛とさせる。

垂れ下がる情熱
サヨナラと書かれた鏡を見て呆然(違う方向に)

ついでに

砂鉄色だけではさみしいので、赤いものも作ってみた。
ねっとりと手を包み込む。しかし丸めようと思えば綺麗に手からはがれる。
何度触っても不思議な感触だ。

赤といえば口紅。口紅といえばルージュの伝言。
私はそれを残したことはないので、今回鏡にスライムで書いてみました。

鏡に伝言、一度やってみたかったんです。切ない気持ちは伝わるでしょうか…。

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.