デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


クラブ活動
 

あだ名と股割り

あだ名と股割り
一向に割れない股

僕には今まであだ名と言うものがない。
みんな僕のことを「地主」とか「地主君」と呼ぶ。ずっと前恋人がいたこともあった。僕は彼女を「さっちゃん」と呼んでいたが、彼女は僕を振るその日まで「地主君」と呼び続けた。今となっては、別に彼女に未練はないけれど、強いて言えば、なぜ僕は「けいタン」と呼んで欲しいとお願いしなかったのだろうと思う。

もしかすると「地主」と言う名前は、あだ名がつきにくい名前なのかもしれないと、弟に話を聞いた。すると弟は「“じぬ”とか“ぬし”とかって呼ばれてるかな」とあっさりと答えた。キチンと「地主」にもあだ名はつくのだ。あだ名がなかったのは僕のせいなのだ。しかし、何が原因で僕にあだ名がつかないのか分からない。

それにあだ名は多くの場合、学生の頃につくものだ。あまり会社であだ名で呼ばれているのを聞いたことがない。強いて言えば、女性社員が「エロ部長」などのあだ名をつけるくらいだ。僕はそういうあだ名が欲しいのではない。どうしたら今からでもキチンとしたあだ名がつくの分からず困っている。ぜひあだ名で呼ばれたいのだ。

さて股割りだけれど、こちらも一向に割れないので困っている。さてどうしたものかと思いつつ、本日も股割りに励んだ。 ( 2009/10/28 21:00:00 )




△いちらんへ

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.