このサイトについて

ライムにのせてスライムつくるYo! 科学とヒップホップの融合に挑む謎動画

2016/04/28
ネタ元:
手早くスライムを作る科学実験に見せかけ、自作のラップを披露する。ヒップホップと縁がなさそうなメガネ男子が、ライムとスライムを融合させたプロモーションビデオを作ってしまいました。ライター藤原浩一さんによる1分動画です。
写真
「今から超高速でスライムを作りたいと思います」。力強く拳をふりあげ、実験スタート。
写真
いそいそと材料を混ぜる藤原さん。と、そこへ突然、本人歌唱による軽快なラップがインサートしてきます。しかし特にリズムを刻むこともなく、そのまま粛々とスライムづくりを遂行。視聴者を置いてけぼりにしています。
写真
「これからスライム作るYo! ホウ砂、絵の具、糊をYoui(用意)! まず水をホウ砂に溶かしきれ! 粉溶け残るまで入れてくれ! もひとつのコップに色水つくれ!」美しいライムとともに、スライム作りの手順が紹介されます。
写真
しかし、ライムが軽快さを増すほどに怪しくなる手元。最初に「高速」と発してしまったプレッシャーに追い立てられ、コップを倒すなどバタバタ感が否めません。
写真
しかしライムは快調。「そいつを棒で混ぜたら、塊がだんだん出てくるda-ro! それがスライム!(ボーン!)」
かくしてスライムは完成。確かに速いんですが、ラップに注意を引き付けているうちにあれよあれよと作ってしまうやり口が、見る者の心にモヤモヤを残します。しかし、もっとモヤモヤするのは、藤原さんのラップがけっこうかっこいいという事実。もしやスライム作りにかこつけてライムを披露したかっただけではないのか? 思わずそんな疑念を抱いてしまう、謎多き動画です。
ネタ元: