このサイトについて

驚くべきホロホロ具合! 肉を油に浸けたままオーブンにかけると肉が凄くおいしくなるぞ!

2016/04/30
ネタ元:
フランス料理の調理法のひとつ、コンフィは「肉をその脂肪とともに長時間煮込み、そのまま漬け込んだ保存食」です。その知識だけでおいしいコンフィ風の料理を作ってしまった記事がありました。
写真
記事では、耐熱皿に融けたラードを入れて豚肉を浸し、オーブンに2時間ほどかけています。さらに冷ましてから冷蔵庫に一晩寝かせています。
写真
繊維がホロホロと崩れ、箸で簡単に切れる、柔らかいお肉に変化していたそうです。ライターの高瀬さんは「スゴイ。とにかくスゴイとしか言いようがない。ビールだビールだビール! なんだ、この肉は!」とそのおいしさに感動しています。
写真
続いて鴨の脂で試しました。高瀬さんの冷凍庫に眠っていた鴨の鶏皮から脂を採取。肉は予算の都合で鶏肉になりました。
写真
結果、肉汁をしっかり含んだやわらかい肉になりました!「なんのかんの言う気が失せるような代物が出来てしまった」「(伝えるべき言葉が多すぎて)言葉を失っております。」と、高瀬さんはその味に感激しています。
写真
ちなみに、鍋に火をかけて作った失敗作もあります。コンロでは火加減の調節が難しく、肉がかたくなってしまったとのことでした。オーブンで作ったコンフィ風の調理法、ぜひ試してみたいですね!
ネタ元: