このサイトについて

手に汗握るインタビュー、北野武監督にコケる芸を習った

2016/04/26
林 雄司
ネタ元:
6年前、映画監督の北野武さんにインタビューした記事がデイリーポータルZに載りました。書いたのはライターの大北栄人さん。
当時公開された映画「アウトレイジ」の話が半分、残り半分はなんとコケる芸のやりかたを教えてもらっています。
写真
映画の話を聞いたあと、インタビュアーが練習してきたコケる芸を見せて指導してもらう段取りでした。
写真
写真
いかがでしょうか。と聞くとなんと北野武さん自らやってくれました。
写真
目の前で演じられるコケる芸を見て
「ズッコケ芸は生で見るとものすごいおもしろい。」とライターの大北さんは感激しています。
その流れで挨拶したときにマイクにおでこをぶつける芸も披露してくれました。
写真
キレのあるおもしろさに緊張を忘れて楽しむライターと編集。

そのようすをこう記しています。「これもある、あ、これもある、と次から次へとマイク芸を教えてくれる北野監督。一つ一つのギャグの切れ味もさることながら、繰り出すそのスピードがすごい。常人の2、3倍は早かった。」
そして最後にはコマネチの角度も測らせてくれました。

さらにはデイリーポータルZの過去の記事にも言及して「うんこで手紙を書く」「公衆便所に赤じゅうたんを敷く」など次々とアイデアをくれました。

最後に北野武監督から「いいね、くだらないの。がんばってね。」と声をかけられて、ライター大北さんは「この一言が泣けるほどうれしかった」と記しています。

ネタ元: