このサイトについて

腰の低い人だけを集めた飲み会を覗いてみたら、日本人が忘れかけていた大切なことを思い出しました

2016/04/23
ネタ元:
普段から腰の低い人たちだけを集めた飲み会「腰低会(ようていかい)」が開かれました。全員腰の低さには自信のある生粋の遠慮がちなメンバーたち。しかも全員が初対面とのこと。これはいったいどうなってしまうのか。
写真
もちろん待ち合わせ会場には5分前に到着。まずは互いに深々とお辞儀をしあいます。
写真
それぞれが激しくお辞儀しあうので上半身が残像のようにしか写りません。

ようやくお店に着いて乾杯。一見普通の飲み会と変わらないように見えますが、そこは腰低たちの集まり、ここからがすごかった!
写真
ちなみに「腰低会」の様子は別室でモニタリングされています。メニューもすべてここから注文されます。
写真
この飲み会にはさまざまなトラップが仕掛けられています。4人なのになぜかつくね串が3本だったり
写真
奇数本のししゃもが最後1本残ったりと、腰の低さが仇となるようなメニューばかり。
写真
これら非常に厳しい状況も、「串からはずして4の倍数で分ける」「全員に断ってから食べる」など、メンバーは持ち前の遠慮深さを発揮して難なく乗り越えていきます。

腰の低さは要するに大人力の高さでもあるのだ、と、私たちが普段わすれていた大切なことを思い出させてくれた、そんな腰低会だったのでした。
ネタ元: