デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
文京区のほそ道

白山のほそ道は工場とともに

つぎは文京区白山のほそ道を紹介したい。小石川植物園の西側の低地ぞいだ。


このへんです
※国土地理院「1:25000デジタル標高地形図東京都区部」より

千川通りを歩いていると、それはわき道としてこんなふうにあらわれる。


向こうに見えるのは小石川植物園だ。いいなあ。

こちらは町工場の裏っぽい雰囲気

実はこのへんの細道の特徴は、こんなふうに工場の裏っぽいところが多いことだ。というか、実際に工場なのだ。

手前左の看板には「紙工所」とあるように読める。


そしてこっちも

ここも工場裏だ。奥のほうがトンネルみたいになってるが、行ってみるとこうなっていた。


なるほど

一軒の紙の工場が道を挟んで建っていて、2階がつながっていたというわけなのだった。渋谷の西武A館B館みたいなもんだ。


今日はお休み

なぜこのへんに紙関連の工場が多いのか?それは道を振り返ってみると分かる。


どーん

そこにあるのは共同印刷。

調べてみると、文京区の工業出荷額の8割は印刷・製本らしい。つまり地場産業はほとんど出版といってよくて、そしてその歴史は共同印刷にはじまるらしい。

出版は工程ごとに高度に分業化されていて、軒を並べた工場の間で印刷物がくるくると受け渡されていく。だからこんな風に工場が長屋みたいに隣接してたほうが都合がいい。ということでこんなふうな「町工場ほそ道」が出来たんじゃないかなと妄想している。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.