デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
スーパーの惣菜唐揚げ食べ比べ

クイーンズ伊勢丹/つくば鶏もも唐揚げ

最後は、頭ひとつ抜けた高級店として企画の段階からぜひ入れたいと思っていたクイーンズ伊勢丹。

百貨店が運営するスーパーの惣菜はレベルの違いを見せつけてくれるのだろうか。


だってクイーンズだよクイーンズ
さすがの貫禄、今回唯一のブランド鶏使用

まず驚いたのがグラム250円という強気な価格設定。使用されているつくば鶏は、調べたところ純植物性飼料だけで育てられている鶏で、鶏臭さがなく柔らかでジューシーな肉が特徴、とのこと。ではその実力、とくと見せてもらおう。


見た目もかなり違う!

まず見た目が立派。衣の角が立っていて、余計な脂は落ちている印象。外見で既に「外はカリッと、中はジューシー」が見てとれるのはすごい。あと若干白っぽい部分があるのは片栗粉を混ぜた衣の生地か。

食べてみると、歯ごたえがあって脂っこ過ぎず、肉の味が濃い唐揚げ。鶏肉本来の味が強くて、下味はかなりシンプルな印象。これは高いおいしさだ。

脂たっぷり、味つけしっかりの和光とは何光年も離れた対極にある唐揚げである。でもある意味2極を見つけられたので意味のある食べ比べだったと思う。

野球では7番を任せて、下位打線の得点源として期待したい。

分かりきっていた結論

何種類ものスーパーの惣菜唐揚げを食べ比べて、分かってはいたけど結論としてはやっぱり「唐揚げはうまい」、これに尽きる。

しかし各スーパーの唐揚げにこれだけ違いがあるとは思っていなかったので、大きな収穫を得ることもできた。

そうなると次に気になるのは「同じスーパーでも店舗によって味が違うか」どうかだ。

唐揚げの探求は尽きることがない。

こういう食事が3日くらい続いた

< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.