デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


土曜ワイド工場
 
東京ベスト・オブ・ビルのつなぎ目

丸の内MY PLAZAのような横つなぎタイプをよしとしてしまうと、大手町のビルはほとんどがつなぎ目ビルであるような気がしてくる。あっちにも、こっちにもつなぎ目。たまにつながってないビルがあると安心する。そんな中選りすぐったのは、これだ。

○エントリーNo.6 大手町ファーストスクエア(ウエストタワー1992年、イーストタワー1997年)


よくみるとのっかりタイプにも思える、洗練されたくっつき。

つなぎ目ビル鑑賞のポイントとしては、ビル同士のジャンルの違いもさることながら、つなぎ目自体にいかに接近できるかも重要だ。その点では、横つなぎタイプの場合は、これでもかとつなぎ目に近寄ることができて、楽しい。

近寄ってみれば、意外にアナログなつなぎ目にキュンとくる。
アコーディオン感。これはあれだ、電車の連結の、あれだ。

 

○エントリーNo.7丸の内オアゾ(2004年竣工)


横つなぎの丸ノ内代表格といえば、このビルもはずせない。

外側のつなぎ目の入り組み具合にも注目したいが
オアゾの場合はなんといっても内部を複雑につなぐ空中通路(と、エスカレーター!)がかっこいい!

横つなぎタイプの王道はこのとおり、ツインタワーとそれをつなぐアーケードなのだが、時代は21世紀だ。やはりというか、ついにというか、つい最近、3つ連結する猛者が登場していた。

○エントリーNo.8大手町地区第一次再開発(2009年竣工)


左から、日経ビル、JAビル、経団連会館。仲良し。

遠眼にみると、3つ並んだ真新しい高層ビルでしかないこれらであるが、かっこいいファッサードによって、見事につながっているのであった。ぱっと見、工事中のフェンスかと思った。がしかし、この内部がとんでもない豪華空間だったのである。


空中庭園などもあって超開放的
当然ながら、すごくかっこいいエスカレーターもある。

がしかし、外から見ると、こんな薄っぺらいつながり。
裏側はこのとおり。表向きは仲良くしているが裏では…というやつかもしれない。

東京にやってきたのが2003年なので、丸ビルや新丸ビル、丸の内オアゾには勝手な「同級生感覚」をもってそれら施設の成長ぶりを見続けている私なのであるが、テン年代に入っていよいよ活発化する大手町の再開発に対しては、「同世代だとおもってうっかり参加した現役大学生の飲み会」くらいのノリの差、世代の差を感じた。

そんな横つなぎビル界において、堂々たる風格をただよわせていたのが、この向かい側にあった、三井生命ビルである。

○エントリーNo.9大手町一丁目三井ビルディング(1961年竣工)


堂々の1961年生!ギャー!かっこいい!


大通りに面する側と
裏側が、完全なるシンメトリーで向かい合う。


より大きな地図で 大手町一丁目三井生命ビル を表示
思わず地図の上からトレースしたくなる、つなぎっぷり。鳥?

しかしここも、リニューアル工事が予定されているらしく、三井生命は既に移転済み。生まれ変わってもつなぎ目ビルであってくれることを願う。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.