デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ちしきの金曜日
 
焼肉ビジネスの最先端を見てきた

バイトの教育も大変

直接食べ物を出さないような展示もある。たとえばこちらは「焼肉店に特化した人材コンンサル」を行っている会社だ。


「ダントツ飲食店」とかそういう本を出している

「焼肉店は他の飲食に比べて接客シーンが多いから、研修の質が重要」「店員に肉の知識がないとお客さんはガッカリする。ウチはアルバイトの方にも実際に牧場に行って牛を触ってもらいます」なんて話が出てきた。

…なるほど、焼肉屋さんは大変だ。言われてみればバイトの時給も、普通の飲食店と比べて100円くらい高い気がする。


バイト初日はこうなるのか

 

紙ナプキンを折り畳んで納品できるのはウチだけ

こちらは「焼肉屋におろす紙ナプキンの3割のシェアを占めている」という会社。なにか他社さんと違うところがあるんですか、と聴いてみたら待ってましたとばかりに応えが返ってきた。


「他社とどう違うかって?」
「この状態(左手の束)で納められる会社はウチくらいですよ…!」

なんでも、他社ではきちんと折り畳んでの納品は出来ないらしい。その場合、店舗の誰かが折り畳む必要がありコストがかさむ。衛生面でも一歩劣ってしまうとという。

それがどのくらい店舗にとって重要なのかが、イマイチ僕にはわからないのだが、なにしろ自信満々で説明してくれる。すごい!すごい!という気になってきた。口に出して言っていたかもしれない。

 

なんでこんなモン作っちゃったのか

こちらの会社は、魚の映像を流す水槽を販売している。ああ、こういうの良くあるよね、と思って見てみたらすごくヘンだった。


水槽の魚がピラニアで

水槽の上部をタップすると、エサ(生肉の塊)が水槽内に出現

ものすごい勢いで生肉を貪るピラニア(クリックで動きます)

なんだこりゃ…。
生肉にまとわりつく鮮血が生々しい。聞いてみると、「ピラニアだけじゃなくて他の魚にもボタンで替えられる」そうで、その場合のエサは別に生肉じゃないらしい。

たぶん、ピラニアのバージョンは製作の人がふざけて作ったんだろうな…。


なぜか見せてもらった後で、業者の人をフォローする私

< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.