デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
「ケネディー電気」に行ってきた

自作の座右の銘

事務所に入れてもらうと、社長みずから考案したありがたい言葉がいたるところに貼ってある。目に付くところに自分を奮い立たせる言葉を置くことで、常にバイタリティーを持って仕事に取り組む事ができるのだそうだ。


骨董品や張り紙の中に女性と撮った色んなツーショット写真を紛れ込ませてある。よくわからないけど巧妙なサブリミナル効果だ。

「11月は重要の月とする」「相手にまどわされるな」などと書き込まれている。一日一日を大切にしなければ死んでいるも同然、との事。

社長いわく「俺はノラネコを飼っているんだ。飼い猫を飼っているのじゃない」

だそうです。

事務所プレハブの二階が社長の寝室。テレビ4台くらいに囲まれている。

自分で切り取った天窓からは飛行機や星が見える。

そして天井にも貼り紙。朝起きて目に入らないと落ち着かないのだそうだ。

すてきなお言葉ありがとうございます。

こちらはモノに直に書いて野外に置くスタイル。同意を求める文体はレア。

「これはなんですか?」ときくと「この言葉は一年以内に世界的に有名になるよ!」と言われたけど何なのかは教えてもらえず。一年楽しみに待っています。


時計に直に書くパターンも。

 

ロケに大人気

社長に一時間みっちりと話を聞いた。以下うかがった話を箇条書きにしてみた。

  • 昔は航空自衛隊で飛行機に乗ってた。
  • 10年前からロケは絶えない。昨年のテレビ取材は22社、今年は8社。
  • スネオヘアーのビデオクリップ、映画「インスタント沼」など
  • つくばケーブルで全4回分が繰り返し放送されていた。その時のリポーターであった赤いプルトニウム(茨城出身の芸人)が売れてきたのは俺のおかげ。
  • マイナーな芸能人がうちにくるとその後すぐ売れる。
  • ヌード写真は悩みが消えて仕事の効率が向上するのでなるべく目に付くところに貼っておく。
  • 茨城県警は俺が考案した防犯装置を応用して使っている。

電気屋よりもロケやものづくりに貢献することがメインの仕事になっている。プロデューサーと話し合って自分がやりたいようにやらせてくれなければ断る事もあるそうだ。「あっちのプロデューサーはこうやりたいって言っても、俺の店だから俺が決める」

 

命を救う発明

社長は発明もしている。幼児や老人をまもる火災予防のための消火装置をみせてもらった。


火が起こったら天井からぶら下がる紐を引く。

右側のパイプから水がでる。これを各部屋に設置すれば安心、とのこと。引っ張りたくてしかたなかった。


他にも説明とともに時間をかけて案内してくれた。数時間いただけで、この敷地内のなにが特異でなにが普通なのかよくわからなくなっていた。もうすっかり社長のペースに引き込まれている。

海藻ぶら下げた裸婦のオブジェは変ですか。変じゃないですか。

次ページから、河原田社長のバスルームから仕事場までを一挙公開です!

< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.