デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
APEC特別警戒で駅のゴミ箱はどこまで封鎖されてるのか?

それでは早速ゴミ箱調べますか……

職務質問で受けた心の傷もだいぶん癒えてきたので、中華街の最寄り駅石川町駅に向かった。


なんだこれは!?

……あれ? これは何かの見間違い? いや、確かにゴミ箱は封鎖されてない……。ちょっとまって、テロ対策ってゴミ箱封鎖するんじゃなかったっけ?


空き缶専用のゴミ箱は封鎖済みだ 

自動販売機横の空き缶入れはテロ対策のため、封鎖されている。

いきなり企画意図をぶち壊す事実に直面。本当は熱海あたりまでシウマイ弁当のゴミを持って行って「いやーシウマイ弁当のゴミ捨てるのにこんなに遠くまで来ちゃったよー(笑)」っていうのをやりたかったのだけど……。

念のため、JR線でAPEC会場に最も近い桜木町の駅に向かった。


素直じゃねーなー

うわ、開いてる……逆らうねー。ゴミ箱のくせに。


こっちは封鎖されているというのに!

でも、空き缶入れは封鎖されている。これはどういう事か……。

 

ゴミ箱!封鎖されてません!!


さすがに横浜駅は…… 
空いてるー!

横浜駅に戻ってゴミ箱と空き缶入れを確認してみる。と、やはりゴミ箱の方は封鎖されてない……。


自販機の空き缶入れは封鎖されてるんだよなあ

自販機横の空き缶入れはたいてい封鎖済みなんだけど、ゴミ箱は見事に封鎖されてない。 焦ったぼくは、急遽企画を変更し「横浜駅で飲んだ空き缶はどこまで行けば捨てられるか?」にすることにした。


企画変更、空き缶はどこまで行けば捨てられるのか!

ぼくは空き缶を持って東海道線に乗り込む。

 

ついに封鎖ゴミ箱を発見!

とりあえず、東海道線を下って平塚までやってきた。


乗った東海道線の終点がたまたま平塚だった

あっ、これは!
やったー! 封鎖済みのゴミ箱だー!

あ、平塚のゴミ箱は、封鎖されてる! この時、素直に「うれしい!」と思ってしまった。封鎖されたゴミ箱を見つけて、喜んでしまったのは、人類史上ぼくが初めてだろう。


自販機の空き缶専用ゴミ箱は封鎖済み

ここであることに気づいた。

封鎖されているゴミ箱とされていないゴミ箱の差だ。
未封鎖のゴミ箱は中身が見える仕様になっていて、封鎖済みのゴミ箱は中身が見えないゴミ箱なのだ。中身が見えるか見えないか。そこがポイントだったのだ。

となると、中身が見えないゴミ箱でかつ、封鎖されてないゴミ箱があるのはどこからなのか、そして、空き缶専用ゴミ箱が封鎖解除されるのはどこからなのか。

これは調査せねばなるまい!

 

熱海まで下ってみました


行き先が静岡の電車

封鎖されてない!
中身が見えないゴミ箱でかつ未封鎖! 

平塚から電車を乗り継ぎ、熱海までやってきた。
熱海では空き缶入れもゴミ箱も大開放である。熱海まで来てわざわざゴミ箱に爆弾を仕掛けるようなトンチキなテロリストは居ないという事なのだろうか。

しかし、これから横浜方面にひと駅づつ戻って、ゴミ箱が封鎖される駅を見極めなければならない。

 

熱海から横浜方面に向かってのゴミ箱一覧表

駅に到着するたびにホームに飛び出し、ゴミ箱を撮影しては電車に戻るという奇矯な行動を、不思議そうに見つめる高校生たちの熱い視線に耐えながら、4時間かけて調べました……。(ちなみに湯河原の自販機は撮り忘れです)

横浜から下って見てみると、辻堂で一旦ゴミ箱と空き缶入れがそろって未封鎖になるのだけど、その後、茅ヶ崎、平塚は両方とも封鎖。そして平塚以降の駅では、ゴミ箱・空き缶入れどちらも未封鎖となっている。しかし、唯一小田原のみがゴミ箱・空き缶入れともに封鎖されていた。

結果としては、厳密に「ここからゴミ箱解除!」という境界は無かったのだけど、だいたい辻堂を過ぎると警備が緩くなる。ということは分かった。
特別警戒の緊張感も平塚あたりまで、というのが東海道線での結果と言える。

 

東京以北はどうなんだろう……?

ところで、南下した場合は「特別警戒の緊張感はだいたい平塚ぐらいまで」という事は分かった、しかし、北上した場合はどこまでなんだろう?


見渡すかぎりのロッカー。でも全て使用中止

昨日、東京駅までは調査済みなので、今日は東京駅から北に向かって調査開始だ。


東京駅隣の神田はどうだ?

神田は東京駅の隣駅。さぞかし警備も厳重だろう、思ったのだけど……。


いきなり予想外の展開…… 
シースルーゴミ箱なので未封鎖か 

どっちも開放か……。

「はたして北上して調査する意味がどれほどあるのだろうか?」という思いもしたのだけど、「ゴミ箱封鎖をしている最北端の駅はどこなのか?」ということも気になる……。

 

大宮以降はほぼノーガード



で、結局前橋まで行ってしまった……。
実は熊谷以降、ゴミ箱・自販機の空き缶入れ共に未封鎖が続いたので「高崎でゴミ箱が未封鎖だったら帰ろう」と考えていたところ、高崎のゴミ箱は封鎖されていたため、「ふざけるな」と思ってしまった。しかし、よく考えるとふざけてるのはぼくの方だ。

平塚で封鎖ゴミ箱を発見したときは「うれしい」と思ったくせに、今日は「ふざけるな」である。
ゴミ箱に感情を振り回されすぎだ。
と、自分語りはこれくらいにして、ゴミ箱の状況といえば、大宮以北でゴミ箱が封鎖されているのは熊谷と高崎のみで。自販機の空き缶入れに関しては封鎖されているところは無しという結果だった。

結論、ゴミ箱は意外と使える

結局、捨てるタイミングを逃して持ち帰ってしまった……

2日にわたって調査した結果、横浜市内及び東京都心部のJRのゴミ箱は、中身が見えるタイプのゴミ箱に関しては封鎖されていなかった。

中身の見えないタイプのゴミ箱や自販機横の空き缶入れは、封鎖されていたけれど、横浜から直線距離で約30km前後を越えると封鎖されてない駅が多くなるようだ。(大磯駅32km、神田駅28.5km)

ただ、東京駅以北に関して言えば、大宮、熊谷、高崎で突発的にゴミ箱が封鎖されていて、これはいずれも新幹線との接続駅なので、もしかしたら越後湯沢もゴミ箱封鎖していたかもしれない、しかしさすがに越後湯沢まで調査に向かうのは時間が許さなかった……。

どなたか、越後湯沢の駅のゴミ箱が封鎖されていたかどうかご存じの方はご連絡下さい……。


< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.